健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

デスクマットの使用に伴う重大製品事故について (第13報)

 平成22年8月20日(金)

新たにアレルギー性接触皮膚炎発症の事例が報告されました

                                                                                 医薬食品局審査管理課

                                                                                 化学物質安全対策室

                                                                                 室長    長谷部 和久

                                                                                 室長補佐 柴辻 正喜

                                                                                  専門官   古田 光子

                                                                          担当    間宮 弘晃(2424)

                                                                          (代表電話) 0352531111

【ポイント】

・ コクヨS&T株式会社製のデスクマットの使用に伴う重大製品事故として、アレルギー性接触皮膚炎発症の新たな報告がありました。

・ 平成19年6月1日の第1報以来、今回が13回目の公表であり、コクヨS&T株式会社では現在実施している製品回収等の措置を引き続き行っていく予定です。

・ 今回、回収措置実施後に本製品を使用している方からの重大製品事故報告があったため、改めて使用している方への注意をお願いします。

標記については、第1報から第12報※を発表したところですが、今般、別紙のとおり、消費生活用製品安全法第35条第4項の規定※※に基づき、同じ製品の使用に伴う新たな重大製品事故の発生事例について、消費者庁から通知がありました。

これまでお知らせしたとおり、既に製造元では対象製品の製造・出荷を停止し、事実関係を公表の上、平成18年10月から製品の回収等を行っています。さらに、平成19年6月29日の当室からの要請を受けて、不特定多数の使用者への注意喚起と当該製品の回収等の強化が進められています。しかしながら、今回これらの対応後も本製品を使用していた方の事故が報告されましたので、改めて使用者の皆様に注意をお願いするものです。

当室では、都道府県等にも情報を提供し、改めて消費者への周知・注意喚起について協力を要請しました。

※ 発表日は、それぞれ平成19年6月1日、6月7日、6月15日、6月22日、6月29日、7月27日、8月10日、9月28日、10月12日、11月22日、平成20年2月21日、平成22年4月6日

※※ 平成19年5月14日に改正法が施行され、消費生活用製品の使用に伴う重大製品事故について事業者から経済産業省(平成21年9月より消費者庁)への報告が開始されました。報告された重大製品事故のうち、製品に使用されている化学物質が事故原因と考えられるものについては、厚生労働省医薬食品局化学物質安全対策室に通知されます。当室では、今後も消費者庁から重大製品事故報告の通知がある場合に、危険の回避に必要な事項等について適宜情報提供を行っていくことにしています。

別紙1 事故内容等(PDF:217KB)

別紙2 対象製品(PDF:140KB)

別紙3 既にお知らせ済みの事例(PDF:130KB)

2010年08月20日 20:35

アロマオイルが癒しの加湿efeel”加熱式加湿器SHM-400T”を発売

20100802_5.jpg

アイリスオーヤマ株式会社はコンパクトサイズで、アロマオイルと合わせて癒しの加湿ができる“加熱式加湿器SHM-400T”を2010年8月9日(月)より全国のホームセンターなどで発売いたします。

■ 商品特長

1.アロマオイル対応
蒸気の吹き出し口にアロマトレーがついているので、熱せられたアロマオイルが気化し蒸気と一緒にお部屋にひろがり、気分に合わせて香りを楽しめます。

2.長時間&スピード加湿
大容量4Lタンク・加湿量400ml/hで長時間のパワフル加湿が可能です。

3.Ag+タンク採用
タンクに銀系抗菌剤を配合することでタンク内の雑菌の繁殖を抑制しいつでも清潔に使えます。

4.コンパクトサイズ
コンパクトで持ち運びに便利です。タンクの上部には取っ手設けたので給水が簡単です。

5.マグネットコード採用
手足を引っ掛けてもコードだけ外れるマグネットコードを採用。小さいお子様がいるご家庭でも安心です。

■ 仕様
品名:加熱式加湿器
規格:SHM-400T
サイズ(cm):W23×D23×H28
タンク容量:約4.0L
適応床面積:木造和室 約7畳、プレハブ洋室 約11畳
消費電力(強弱モード切替時):(強)330W、(弱)160W
電気代 ※1(1時間当たり):(強)約7.3円、(弱)約3.5円
連続加湿時間(強弱モード切替時):(強)約10時間、(弱)約22時間
最大加湿量 ※2(強弱モード切替時):(強)約400ml/h、(弱)約180ml/h
コード長さ:約1.5m
電源:AC100V(50/60Hz共用)
カラー:ホワイト/グリーン
価格:オープン

※1:電気代は1kw/hあたり22円を目安に計算した場合です。
※2:加湿量は、室内20℃、湿度約50%の場合の目安です。

 

2010年08月02日 15:41

換気装置の熱交換用部材でセルロース学会技術賞を受賞

レンゴー(東京都港区) はこのほど、同社開発の「全熱交換素子用セルロース透湿膜」が、平成21年度「セルロース学会技術賞」を受賞したことを発表した。

全熱交換素子とは、換気装置に組み込み、外気と屋内空気を入れ替える際に熱交換を行うための部材で、レンゴーのセロファン製造技術をコア技術として開発されたものが、受賞対象となった。

建築基準法の改正で、シックハウス対策として屋内空気の24時間常時換気が義務付けられており、夏場・冬場などの温度差が大きい季節のエネルギーロスが問題とされるなか、同社の全熱交換素子用セルロース透湿膜を使用した対向流型全熱交換素子(フロンティア産業と共同開発)では、その交換率が80%以上という高効率を実現、評価を得たもの。

同製品は、セロファンの特徴である透湿性に着目、木材由来のセルロースを化学処理して液状にしたビスコースを加工した紙を応用したもので、従来の透湿膜に比べ、湿潤強度が高い。

「セルロース学会技術賞」は、セルロースや関連物質に関する技術についての優秀な研究や発明に対して毎年1回授与されるもので、同社は平成9年度「ビスコパール」、平成16年度「セルガイア」に続いて3回目の受賞となる。

また「全熱交換器」の市場は、年間約40万台、300億円程度と推定されており、環境や省エネ意識の向上や、建築基準法改正(03年)、省エネ法・ビル管理法改正(09年)などで省エネ化が義務付けられ、同素子を組み込んだ全熱交換器の普及が期待され、レンゴーでも新市場として注目しているようだ。

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019年7月9日(火)~11日(木)
第6回 ホームヘルス&ダイエットEXPO

2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!