健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

フラバンジェノールのメタボリックシンドローム改善効果を臨床試験により確認

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、フラバンジェノール®のメタボリックシンドローム改善効果を臨床試験により確認した。同結果を、第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会(2009年7月17日~18日、海峡メッセ下関)で発表する。

フラバンジェノール®は同社の独自素材で、フランス南西部ランド地方に植林された海岸松の樹皮から抽出される機能性食品素材。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴となっている。

今回、同社は地域コホート研究が実施されている有田町(佐賀県西松浦郡)での臨床試験において、フラバンジェノール®継続摂取によるメタボリックシンドローム改善効果を確認した。

【試験概要】

有田町では6年前より国立循環器病センターと共同で、集団健康審査をもとに生活習慣病の予防および治療方法の開発のための地域コホート研究が行われ、すでにさまざまな疫学データが蓄積されており、町民の協力の下、様々な機能性食品の効果判定試験も行われている。

同試験は、二重盲検群間並行法でメタボリックシンドロームまたはその予備群の被験者男女に、フラバンジェノール120mg含有の錠剤を12週間連続して摂取させ、フラバンジェノールの含まれていない錠剤を摂取させたプラセボ群と比較することにより、メタボリックシンドロームに対する効果を検討したもの。

フラバンジェノール群44人およびプラセボ群49人を解析した結果、フラバンジェノール群では、プラセボ群と比較して総コレステロール、および体脂肪率の低下が認められた(グラフ参照)。

このことから、フラバンジェノールを継続的に摂取することで、脂質異常症や肥満に代表されるメタボリックシンドローム改善に対して効果が得られることが示唆された。

0716-q.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

同社は、今後もフラバンジェノール®の機能性をさらに解明し、メタボリックシンドローム対策商品の開発に注力していく、としている。

2009年07月16日 17:25

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

第61回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 2019
 2019/9/19(木)~20(金)
 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)2階

第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019
 2019/9/25(水)~27(金)
 東京ビッグサイト

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/26(木)とやま自遊館

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/30(月)茨城県開発公社

食品開発展2019
 2019/10/2(水)~4(金)
 東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム

デジタルヘルスDAYS 2019
 2019/10/9(水)~11(金)
 東京ビッグサイト 西1-4ホール

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/10/15(火)福井商工会議所