健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

高機能発泡樹脂「ピオセラン」の拠点拡充

積水化成品工業(大阪市北区)は、高機能発泡樹脂「ピオセラン」の海外展開を加速する。新たにオランダ・アルメロ工場、中国・蘇州工場を本格稼動させたことで、世界規模での供給体制整備が完了。国内外全ての生産能力が1万㌧となり、今後はさらに1万6000㌧まで拡大させて、自動車部材やIT家電用梱包材などで急増する需要に対応する。

ピオセランは、同社が独自に開発したポリマーハイブリット方式により、ポリスチレンとポリオレフィンの重合比率をコントロールしてできた高機能発泡樹脂。従来の発泡ポリスチレン(EPS)より衝撃や磨耗に強い性質を有している。従来製品と比べて軽量化も実現し、世界的に需要拡大が顕著となっている。

オランダ工場は、2007年6月に設立し「PNビーズ」などの販売を手がけてきたが、09年4月よりピオセラン生産拠点として本格稼動。生産能力は年間最大1800㌧で、今後欧州地域での供給の要として拡販を進める。

一方、中国・蘇州工場は、蘇州工業区内に07年12月設立。ピオセランの生産専門工場として09年7月より稼動させた。生産能力は年間最大1200㌧で中国2番目の生産拠点となり、主に樹脂の含浸、発泡などの成形分野を担当する。販売は同社100㌫出資の上海国際貿易有限公司によって行なわれる。

同社の廣田事業部長は、「昨年からの世界規模での不況は、同社ピオセランのユーザーである自動車、IT関連市場に大きな影響を与えたが、地域に根ざした生産・販売を拡充することでよりキメ細かなサービスを提供し、他社との差別化を図る」と語った。

2009年09月17日 20:40

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019年7月9日(火)~11日(木)
第6回 ホームヘルス&ダイエットEXPO

2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!