健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

「温め」に徹底してこだわった漢方入浴剤

1125-1.jpg

日本エヴィクサー(東京都中央区、瀧川淳社長)はこのほど漢方入浴剤シリーズから温身入浴剤「にごり湯」を新発売した。自社Webサイトなどで販売する。

 同製品は、漢方の有効成分をミクスした入浴剤。多くの成分から、シーズンや目的にあわせたタイムリーな製品が発売され、人気を集めている。

 「今回は冬場ですので、温めることをメーンに成分をチョイスしました。入浴剤ですから温めるのが基本ですが、徹底して“温め”にこだわった結果、使用する成分の種類が増え、量も通常シリーズより約6割の増量になりました」と同社・経営企画室長の楢原昌洋氏は説明する。

 温め成分として配合するのは、麻黄、山椒、桂皮、生姜、よもぎなど。その他、高麗人参の葉、川きゅう、枇杷など、同製品では従来より4種から5種多い計13種の漢方成分を配合する。

 湯色は、濃厚な茶色で湯質はやわらかく、ほんのり香る生姜や山椒の香りとあいまって、冬の冷えた体をやさしく癒す。

 使い方は、まず熱湯で充分にエキスを出し、エキスとともに浴槽へ投入。その後も、入りながらもみ出すとより効果的という。

1125-2.jpg

漢方入浴剤シリーズは、これまでに「肌ケア」、「リラックス」、「日焼けフォロー」など、季節や目的に合わせた製品を10種ラインナップ。2009年末で発売から1周年となり、製品が一通り出揃ったこともあり、今後は「年間セット」の販売を視野に入れるほか、ユーザーの声を反映するなどで製品力のさらなる向上を図り、ブランド力アップに努めていく。

 製品の税込価格は、3,000(50g×13)OEMにも対応する。

2009年11月25日 17:27

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

第61回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 2019
 2019/9/19(木)~20(金)
 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)2階

第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019
 2019/9/25(水)~27(金)
 東京ビッグサイト

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/26(木)とやま自遊館

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/30(月)茨城県開発公社

食品開発展2019
 2019/10/2(水)~4(金)
 東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム

デジタルヘルスDAYS 2019
 2019/10/9(水)~11(金)
 東京ビッグサイト 西1-4ホール

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/10/15(火)福井商工会議所