健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

ターミナリアベリリカのメタボリックシンドローム改善作用を確認

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、服部利光社長)は武蔵野大学油田正樹教授と共同で「ターミナリアベリリカ®」のメタボリックシンドローム改善作用を確認、日本薬学会代130年会(2010年3月28日から30日、岡山・桃太郎アリーナ)で発表した。

同素材は、シクンシ科の東南アジアなど熱帯地域に生息する広葉樹。その果実は、インドの伝統療法・アーユルヴェーダにおいて、糖尿病改善や肝臓保護などに使われてきた。

今回、同社は武蔵野大学油田教授と共同研究を行い、同素材のメタボ改善作用をin vivoで確認した。

【発表骨子】

 

メタボリックシンドローム諸症状を自然発症する遺伝素因を持ったマウス(TSODマウス※1、4週齢)にターミナリアベリリカ(TB)を1%、または3%配合した飼料を8週間自由摂取させ(TB1%群およびTB3%群)、ターミナリアベリリカを含まない普通飼料のみを与えたTSODマウス群(対照群)と比較した。

0409.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、TB1%、3%群は対照群と比較して、内臓脂肪量の用量依存的、かつTB3%群では有意な低下がみられた。さらに、対照群と比較して用量依存的にTB3%群でインスリン抵抗性(※2)が有意に改善された(上図)。このことから、ターミナリアベリリカはないぞ脂肪蓄積抑制・インスリン抵抗性の改善をはじめとしたメタボリックシンドロームの諸症状の予防に対し、有用であることが示唆された。

 

※1:Tsumura,Suzuki,Obese,Diabetesnoそれぞれの頭文字をとった略語。内臓脂肪肥満型や高血糖など、ヒトのメタボリックシンドロームの諸症状に類似した疾患モデルマウスであることから、生活習慣病に関するさまざまな学術研究に用いられる。

※2血液中のブドウ糖を下げるインスリンが働きにくくなった状態で糖尿病の原因とされる。

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019/8/21(水)~22(木)
第14回 アグリフードEXPO 東京 2019

2019/8/29(木)~31(土)
第55回 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019