健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

ドクターズコスメ初のシャンプーがヒット

0422-s.jpg

エステ、通販、クリニックの3本柱で展開するハイサイド・コーポレーションの2010年度は、前年30~40%伸長し、順調に2ケタ成長を達成している。昨年は「ウォブクリニック」の高瀬聡子院長のメディア露出が高まり、9月に発売した「アンプルール」初のシャンプー剤「プレミアムフィト ヘアウォッシュ」も同時に注目を浴び、ブランドの認知が拡大したことも成長要因と言える。

同製品が注目を集めた背景には、ヘアケア製品に「頭皮」のニーズが近年顕著に表れたことがある。岡ちひろ営業・インストラクターによれば、育毛に関する女性の相談が、クリニックでも増えているという。

「ドクターズコスメでは初のオーガニックシャンプーを発売したが、オーガニックを肌質的に受け付けない方もいる。そこでケミカルの成長因子『グロースファクター(GF)』とフィトなどのオーガニック精油を融合させ、医療目線から考えて、毛髪のボリュームアップや育毛を働きかける商品に仕上げた」

ノンシリコン処方だが、ノンシリコン独特の泡立ちにくさを改善し、洗い上がりの使用感も高めた。

エステ事業では、クリニックの監修のもと、「クリニックとほぼ同じ結果が出る商品を開発している」(同氏)といい、エステと医学を融合させて、互いに補完し合いながら展開している。

サロンはエステに限らず美容室でも店販品に弱いため、「少しでも単価を上げたい」「年齢幅を広げて、高めも狙いたい」といった要望から、プレミアムフィトシャンプーの導入率も高い。しかしながら、営業が不得手なサロンスタッフも多く、同社では商品導入後に売り方のレクチャーを行うなどして、アフターフォローも欠かさず行う。

BWJでは、アンプルールの主力製品を6年ぶりにリニューアルした「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」(写真左)や、5月に発売するボディ用日やけ止め乳液「同 ボディUVヴェール」(SPF28、PA++、写真右)などを出展する。

「UVヴェール」は、白浮きやベタつき、皮膜感もなく、ストレスフリーな使用感に仕上げた。ローズの美容水を中心に美容液成分をふんだんに使用し、ボディ用デイリースキンケアとして提案する。

2011年04月22日 14:54

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康・美容イベント情報

【開催中止】 FOODEX JAPAN 2020
2020/3/10(火)~13(金)
幕張メッセ

【開催中止】 第2回 食品安全対策展
2020/3/10(火)~13(金)
幕張メッセ

【開催中止】 第2回 京都インターナショナル・ギフト・ショー 2020
2020/3/11/(水)~12(木)
みやこめっせ(京都市勧業館)1・3階

【開催延期】 国際医薬品開発展2020
2020/3/16~18(水)
東京ビッグサイト 西1~4ホール、アトリウム

【開催計画変更】 健康博覧会2020(第38回)
2020/3/17(火)~19(木)
東京ビッグサイト 青海展示棟 A+B

【開催中止】 第20回 JAPANドラッグストアショー
2020/3/19(木)~21(土)
幕張メッセ

【開催中止】 【セミナー】一般社団法人日本栄養評議会 第98回 勉強会 演題「機能性表示食品 事後チェック指針」「外国人技能実習制度の現状と展望」
2020/3/18(水)
ホテルグランドヒル市ヶ谷 3F「瑠璃東の間」