健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

極小ロットへの柔軟な対応で新規参入をサポート/佳香園

0616-s.jpg

パウダーファンデーションを中心にOEM事業を展開している佳香園は、2005年に化粧品販売業の業態が変わり、他業種からの参入がしやすい環境になり、1000個未満での依頼が増えてきたため、小ロットよりもさらに少ない極小ロットにも対応し、業績を拡大している。

「近年、極小ロットでの依頼が増えてきている。他社で断られたお客様が頼って来られるので何とか力になりたい。しっかりとリクエストに対応することで業績も伸び、お客様にも喜んでいただいている」(小石秀一社長)

実際、エステティックサロンなど新規客からの依頼が増え、それに比例して取引先企業も年々増加傾向にあるという。

「3~4店舗で展開するサロンがオリジナル化粧品をつくる際に1000個からの注文は出しにくい。他社では、小ロットと謳っていても1000個からの注文受付が多い中、当社では500個でも対応している」(小石社長)

また同社では、大手OEMとは一線を画すため、開発から納期までの時間を短縮することを重視している。

組織については営業部を設けず、研究員自らが営業活動を実施。直接打ち合わせに赴き、顧客の要望や質問に対応することにより、要望が商品に反映されやすく、スピーディーな対応が可能になるため、時間的なロスを抑えることにつながっているという。

さらに、こうした取り組みが、最終的に顧客満足度につながっているのかについても追跡調査を実施。極小ロットや短納期などの同社が強みとする「柔軟な対応」への支持が高いといい、最初は500個だった依頼が、1000個あるいは3000個にもなるケースも少なくないという。

今後もこうした柔軟な対応を継続し、新規参入企業のサポートの強化と新規獲得を目指す。

不可解な犯罪は「脳」と「食」にある

0609-rq.jpg

食事が人間の体を作っていることはよく知られている。健康的な食生活をしていれば、当然、肉体も、そして心も健康へと導かれる。このほど発売された「脳」が人を犯罪者に変える (日文新書)は、タイトルの通り、脳が不可解な異常犯罪を引き起こす一因を担うことを指摘している。

行動を司る器官・脳。そこに問題が生じれば不可解な行動を起こすことは理解できる。同書ではさらにその原因が、「食」や「生活」にあることを解き明かしている。

一体どんな食事が脳にダメージを与えるのか。同書では一例として、スナック菓子や清涼飲料水の多量な摂取を挙げている。その原因として、血糖値の乱高下を指摘。不用意に体に大きな負担を強いることで、脳が不安定になり、攻撃的になるとしている。

一方で、脳を健全に保つための食事についても例示し、同書では犯罪を単なる事象としての側面でなく、脳の生化学的視点から検証している。東京警察病院医師で、日本抗加齢医学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員など幅広く活躍する澤田彰史氏が監修を担当しており、多発する異常犯罪の裏に潜む、現代社会の病巣の一端をメディカルな裏づけと共に垣間見、理解できる一冊となっている。

2011年06月09日 12:27

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019年7月9日(火)~11日(木)
第6回 ホームヘルス&ダイエットEXPO

2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!