新社長に魚谷雅彦氏(元日本コカ・コーラ社長)/資生堂 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > その他 > 新社長に魚谷雅彦氏(元日本コカ・コーラ社長)/資生堂

新社長に魚谷雅彦氏(元日本コカ・コーラ社長)/資生堂

2013年12月24日(株)資生堂は、前田新造会長兼社長が2014年3月末で社長を退任し、2014年4月1日付で元日本コカ・コーラ(株)社長で資生堂マーケティング統括顧問の魚谷雅彦氏が社長に就任する事を発表。魚谷氏は2014年6月下旬の定時株主総会後の取締役会で、代表取締役に就き、前田氏は相談役に退くことになる。(株)資生堂では外部から社長を起用するのは実質初めて。

(株)資生堂は現在、「日本をオリジンとし、アジアを代表するグローバルプレイヤー」となることをめざし、成長性の回復と収益力の向上に取り組んでいる。2013年4月1日より社長を兼務している前田氏は、徹底した「選択と集中」を推し進めるとともに、「成長の行く手を阻む経営課題」の解決策を講じ、将来への道筋をつけました。そして、新たなフェーズを新体制でスタートし、成長を確実なものとするべく、2014年4月1日付で、社長を交代することにした。

現在、(株)ブランドヴィジョン代表取締役社長である後任の魚谷雅彦氏は、日本コカ・コーラ(株)の社長・会長を計10年務めるなど、経営者として十分な実績を持つ。特にマーケティングにおいては、「ジョージア」「爽健美茶」といったヒット商品を手がけるなど、その手腕は高く評価されている。また、2013年4月に当社のマーケティング統括顧問に就任し、多くの社員と当社の企業理念やものづくりにかける想いを共有しながら、当社の主力ブランドの育成を強力にリードしている。

◆魚谷雅彦氏の今後の抱負◆
「私のミッションは、前田社長が資生堂の再生に向けスタートを切った経営改革を、さらに「強化・加速・発展」させ、資生堂の次なるステージに向け、一層の革新と成長を実現することであると考えています。このすばらしい(株)資生堂を、50年後・100年後も今以上に輝きを放つ真の“グローバルカンパニー"として、大きく成長・発展できる企業にすることに、私の身命を賭す所存です。」

魚谷雅彦氏 プロフィール
出身地 奈良県
1954年(昭和29年) 6月2日生まれ(59歳)
1977年(昭和52年) 同志社大学 文学部 英文学科卒業
1977年(昭和52年) ライオン歯磨(株)(現ライオン(株))入社
1983年(昭和58年) 米国コロンビア大学経営大学院卒業(MBA 取得)
1991年(平成3年) クラフト・ジャパン株式会社(現モンデリーズ・ジャパン
株式会社) 代表取締役副社長
1994年(平成6年) 日本コカ・コーラ(株)取締役上級副社長・マーケ
ティング本部長
2001年(平成13年) 同社 代表取締役社長(Global Officer)
2006年(平成18年) 同社 代表取締役会長(2011年12月退任)
2007年(平成19年) (株)ブランドヴィジョン 代表取締役社長(現)
2007年(平成19年) (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 特別顧問
2011年(平成23年) アスクル(株)社外取締役
2012年(平成24年) コカ・コーラウエスト(株) 顧問(現)
2012年(平成24年) (株)LIXIL 特別顧問(現)
2012年(平成24年) シティバンク銀行(株) 取締役(非常勤)(現)
2013年(平成25年) 当社 マーケティング統括顧問(現)

2013年12月25日 20:23 [その他]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.