健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

丸大食品、鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見

20181221_r03.jpg

丸大食品株式会社(大阪府高槻市)は、鶏ムネ由来のプラズマローゲン(以下、Pls)を用いたヒト臨床試験で、対照群と比較して、Pls:0.5mg/日、Pls:1.0mg/日の摂取により認知機能改善作用が認められたと発表した。

試験は、記憶力に不安がある50~70歳の健常者男女75人を対象として実施。対照群、Pls:0.5mg/日摂取群、Pls:1.0mg/日摂取群の三群に分け、12週間にわたり継続摂取してもらい、(1)コグニトラックス※、(2)東京都健康長寿医療センターにて作成したチェックリスト、(3)血液中/尿中のマーカー及びその他の血液生化学分析を実施した。

 

20181221_r02.jpg

コグニトラックス試験12週目の結果、60歳以上を境界とした群間解析において、Pls:0.5mg/日摂取群は、対照群と比較して認知機能速度の評価スコアについて、有意な向上を確認した。さらに、Pls:1.0mg摂取群は言語記憶力での評価スコアで有意な向上を確認した。認知機能速度は、物事を理解して情報を受信し、応答するために開始するまでの時間(とっさの判断など)の短縮効果が期待できる。言語記憶力の向上は、人との約束などの言葉を記憶するとともに思い出す能力を維持する効果が期待できる。

尚、(2)、(3)の試験については現在も解析中であり、今回はコグニトラックスの結果のみの速報となるが、同社では今後の機能性表示食品への対応も期待できるとしており、2019年1月23日(水)から開催される健康博覧会での企業プレゼンテーションセミナーにて同結果を紹介する(セミナーは23日のみ実施)。

同原料は株式会社IHM(東京都品川区)が代理店であり、従来から販売していたエキスタイプ(Pls12.5%含有)に加え、今秋から安定性の高い粉末タイプ(Pls3%含有)を上市し、さらに製品化の自由度を高めている。

※コグニトラックスとは
コンピューター画面上の指示に従い自身で操作するだけで、専門家による介在がなくとも一貫したアセスメントを行うことができる試験。本試験を採用した論文も多数存在する。

<鶏ムネ肉プラズマローゲンとは>
同原料は資源の有効活用を目的として、2007年から丸大食品が大学機関と共同研究をスタートさせた機能性素材。国産の鶏肉のムネ肉部分を特許製法で加工したもので、2018年4月に食薬区分改正通知による非医薬品と判断されている。医薬品とは判断されないため、食品や健康食品に安心して利用が可能である。

2018年12月21日 15:20

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

ケミカル マテリアル Japan 2019
 2019/9/18(水)~19(木)
 パシフィコ横浜 ホールC・D

第61回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 2019
 2019/9/19(木)~20(金)
 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)2階

第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019
 2019/9/25(水)~27(金)
 東京ビッグサイト

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/26(木)とやま自遊館

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/30(月)茨城県開発公社

食品開発展2019
 2019/10/2(水)~4(金)
 東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム

デジタルヘルスDAYS 2019
 2019/10/9(水)~11(金)
 東京ビッグサイト 西1-4ホール

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/10/15(火)福井商工会議所