腸内善玉菌を増やすドッグフード登場 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 新商品(健康) > 腸内善玉菌を増やすドッグフード登場

腸内善玉菌を増やすドッグフード登場

dog_food.jpg

P&G(本社:神戸市)は、2010年3月下旬より、プレミアムドッグフード『アイムス』から、腸内の善玉菌を増やすフラクトオリゴ糖を新たに配合し、全製品ラインナップをリニューアルして発売します*。

フラクトオリゴ糖は、腸内細菌のうち、善玉菌のえさになり、善玉菌を育てるプレバイオティクスに分類される繊維質のひとつ。フラクトオリゴ糖を配合していない当社製品を給与した場合を基準とし、フラクトオリゴ糖を配合した当社製品を給与した場合と比較した同一犬での試験結果によると、28日間で善玉菌が約 80%アップ。体の中から健康に導きます。

弊社が行った調査によると、ペットオーナーが期待する健康便益のトップ5は(1)歯、(2)皮ふ・毛づや、(3)免疫力、(4)丈夫な骨、(5)腸内環境であることがわかりました。これまでアイムスでは(1)から(4)の健康便益を提供してきましたが、今回、腸内の善玉菌を増やすフラクトオリゴ糖を配合したことにより、ペットオーナーが求める『腸内環境をサポートする』便益まで提供できるようになりました。

腸内には多種多様な細菌が存在しています。その中には体にとって有益な細菌(=善玉菌)と病原となる可能性のある菌(=悪玉菌)が、微妙なバランスの中で同居しています。善玉菌は主に、悪玉菌の増殖を抑制、免疫機能を刺激、栄養素の消化吸収を助け、体に必要なビタミンを作るなどの働きをします。一方、悪玉菌は、細菌毒素など、体に有害な物質を産生します。悪玉菌が増えすぎると体に害を及ぼす可能性があるため、腸内では善玉菌と悪玉菌のバランスが整っていることが望ましいのです。栄養吸収の要である腸において、栄養吸収が適切に行われることが全ての健康の基礎となります。腸内の善玉菌が増えることは、腸そのものの状態を良好に維持するだけでなく、美しい毛づや、健康的な被毛、体を支える筋肉や骨、免疫機構の働きなど、体全体の健康を支えることにつながると考えられます。


アイムス リニューアル ラインナップ

◆ベースラインナップ(子犬用、成犬用、体重管理用、7歳以上用) 各種

◆小型犬専用(子犬用、成犬用、7歳以上用) 各種

◆ヘルシーナチュラル(子犬用、成犬用、体重管理用) 各種

希望小売価格 全てオープン価格

*一部先行して発売しているところもあります。

2010年3月19日 12:53 [ペット]|[新商品(健康)]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年12月 展示会情報

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 販促 EXPO【春】

生活雑貨 amazon 売れ筋ランキング
保温ボトル
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.