健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

食品の摂取制限及び出荷制限について(福島県及び茨城県) (福島原子力発電所事故関連)

 

平成23年3月23日

医薬食品局食品安全部監視安全課

企画情報課

 

・ 本日、原子力災害対策特別措置法第20条第3項の規定に基づき、原子力災害対策本部長である内閣総理大臣から、別添のとおり指示がありました。

(指示内容)

○福島県知事に対し、一部品目に関して食品の摂取制限及び出荷制限の指示

○茨城県知事に対し、一部品目に関して食品の出荷制限の指示

<参考>

○原子力災害対策特別措置法  (抄)

第20条   

3  前項の規定によるもののほか、原子力災害対策本部長は、当該原子力災害対策本部の緊急事態応急対策実施区域における緊急事態応急対策を的確かつ迅速に実施するため特に必要があると認めるときは、その必要な限度において、関係指定行政機関の長及び関係指定地方行政機関の長並びに前条の規定により権限を委任された当該指定行政機関の職員及び当該指定地方行政機関の職員、地方公共団体の長その他の執行機関、指定公共機関及び指定地方公共機関並びに原子力事業者に対し、必要な指示をすることができる。 

(別添)(PDF:118KB)

English(press release)(PDF:112KB)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015wun.html

 

2011年03月23日 19:57

ファンケル/東日本大震災の影響および支援状況

(株)ファンケルは2011年3月23日、東日本大震災の影響および支援状況について報告した。

現時点における同社グループの状況は以下。

1.被害の状況について(平成23 年3 月23 日現在)

(1) 店舗の状況

臨時休業=東北地方および関東地方の一部のファンケル店舗(イオンモール盛岡店、丸井水戸店、イオンモール水戸内原店、仙台アエル店、仙台泉中央店、イオン名取エアリ店、エスパル郡山店)、アテニア店舗(仙台パルコ店)、ノイエス店舗(イオンモール水戸内原店)

理由:入居している建物の損害確認・設備点検などのため。

※計画停電の影響により、一部の店舗につきましては営業停止や営業時間短縮の措置をとる場合がございます。

(2) 生産の状況

操業再開=群馬県のOEM 生産工場(1 工場、3 月16 日から)

通常通り稼動=ファンケル・アテニアの化粧品を生産している千葉工場、滋賀工場、サプリメントを生産している横浜工場、発芽米を生産している長野工場。ただし、一部被災地域からの資材調達に遅延が発生した場合には、生産が滞る可能性あり。

※計画停電の影響により、工場稼働時間を変更する場合あり。

(3) 物流の状況

物流センターは通常通り稼働しており、商品の出荷も通常通り。ただし、宅配業者において、岩手県、宮城県、福島県の各県全域への集荷引受を停止しており、当該地域への商品出荷は停止中。また、その他地域においても交通事情等により遅延が発生する可能性あり。

※計画停電の影響により、物流センター稼働時間を変更する場合がある。

(4) 受注窓口等の状況について

・受注窓口 :9 時から21 時(計画停電の影響なく、営業しております)

・問い合わせ窓口、相談窓口: 9 時から17 時(計画停電の影響により、営業時間を短縮)

なお、インターネットでの注文は、通常通り24 時間対応。

※計画停電の影響により、問い合わせ対応時間を変更する場合あり。

(5) その他の事業所の状況

ファンケル銀座スクエア:10 時から18 時に時間を短縮営業。

2.業績に与える影響

現在調査中。業績に重大な影響が見込まれる場合には速やかに開示する。

3.被災地支援(義援金及び支援物資)について(平成23 年3 月23 日現在)

(1) 義援金 5,000 万円を3 月17 日に日本赤十字社を通じて寄付。

(2) 顧客様が持つポイントによる寄付約200 万円を4 月末に日本フィランソロピー協会を通じて被災地の障がい者施設へ寄付。

(同社は、顧客様の支払金額に応じ、1 ポイント=1 円として使えるポイントを発行している。そのポイントを申し出により寄付金として受け付け)

(3) グループ従業員による寄付100 万円を3 月17 日に日本赤十字社を通じて寄付。

(グループ従業員が広く社会貢献活動を行うことを目的に積み立てておりました「もっと何かできるは

ず基金」からの100 万円。)

(4) グループ従業員による募金活動を実施し、合計金額に同社から同額をマッチングさせていただき被災地への義援金として寄付。

(5) 直営店舗(一部店舗を除く)ではお顧客を対象とした募金活動を順次開始。

(6) 支援物資の内容および輸送状況

【第1 便】

<当社製品>

・野菜スープカレー 約14,000 袋

・発芽米おかゆ 約 8,000 袋

・発芽米スープごはん等の加工食品 約 2,000 袋

・ハンドケア製品 約 1,100 点

・サプリメント(ビタミン類) 約 2,000 点

<その他>

・横浜市水道局が販売している飲料水「はまっ子どうしThe Water」(500mL) 約 1,250 本

・横浜市水道局が販売している飲料水「はまっ子どうしThe Water」(2L) 約 500 本

・タオル 約 500 点

上記【第1 便】は、宮城県への支援物資として宮城県県庁に3 月18 日に到着、福島県への支援物資として郡山日通喜久田ターミナルに3 月18 日に到着、茨城県への支援物資として茨城県立スポーツセンターに3 月22日に到着。なお、上記を含め他県に対しても、継続して支援物資を輸送予定。

【第2 便】

<当社製品>

・サプリメント(ビタミン類) 約 1,300 点

・女性用肌着 約25,000 点

・男性用肌着、毛布など 約 6,400 点

上記【第2 便】は、輸送手段が決定次第、被災地へ輸送予定。

4.従業員ボランティアについて

横浜市が受け入れる被災者の方への援助について、ボディシャンプーなどの生活用品等を支援物資として提供。。また、従業員がボランティアに参加できるよう体制を整備。

5.計画停電の影響について

計画停電により、一部の店舗・事業所および製造工場について影響を受ける可能性がある。また、電力不足へ対応するため、主たる広告塔・看板の点灯中止、事業所等の消灯など、節電に努力。

7割が体感する「春冷え」

0304-rw.jpg

春先に冷えを感じる女性が急増。

東京都内のOL 100名にアンケート調査実施。約7割の女性が春の冷え性実感!!

「春冷え」対策にはビタミンEの摂取がオススメ!

ビタミンEには血行促進による体を温める働きが!

1. 東京都内で働くOL 100名にアンケート調査実施  約7割が春先の体の冷え「春冷え」を体感!

暖かくなったのに、相変わらず足元やつま先などが冷たいという声を最近女性を中心によく聞きます。下半身、とくに足元が冷たく、上半身が温かい状態を「冷え」といいますが、春は日照時間や気温が上がる分、上半身が暑さにさらされることが多く、下半身の温度差も大きくなり、冬より「冷え」を感じやすい季節です。

そこで「春先の冷え性に関する調査」を2011年2月25日、28日東京都内で働く女性100名を対象に調査を実施しました。

まず春先に「体の冷え」を感じる事があるかという質問に対しては、「頻繁に感じる」「ときどき感じる」と答えた方を合わせると約7割の近くの女性が春先にかけて体の冷えを感じているようでした。

そこで春先に「体の冷え」を感じる原因について聞いてみたところ、「薄着」や「暖房を使わなくなる」などの理由が挙がっていました。また冷え性対策に「温かいものを食べる」「お風呂に浸かる」などを行っている人が多いようで、体の中から暖まる事を目的としているようです。

結果からも分かるように、春先にかけて体の冷えを感じる女性は多いようです。そもそも、冷え性の主な原因は、毛細血管へ暖かい血が流れない状態、血行が悪くなっていることです。人間の身体は、この毛細血管を使って外へ体温を逃がさないようにする機能があります。

ところが、この毛細血管に血液が行き渡らない状態が続くと、いつまでも血管が収縮しているため、冷たくなってしまいます。実はビタミンEにはこの血行促進を促す効果があり、冷えた体を暖める作用があるのです。 

【調査結果】

Q:春に「体の冷え」を感じることはありますか?

頻繁に感じる  : 19%

ときどき感じる : 55%

ほどんと感じない: 26%

Q:春に「体の冷え」を感じる原因はなんだと思いますか?

薄着            : 30%

暖房を使わなくなるから   : 30%

湯船に浸からない      : 22%

温かい物を食べる頻度が減る : 11%

冷たい物の食べすぎ・飲み過ぎ: 7%

Q:春の冷え性対策にどんなことを行っていますか?

温かいものを食べる: 28%

お風呂に浸かる  : 24%

靴下を履く    : 17%

長袖を着る    : 15%

ひざかけを用意  : 9%

体を動かす    : 7%

■調査概要

・調査会社:株式会社アンティル/ 調査名:「春先の冷え性に関する調査」

・調査方法:東京駅周辺・赤坂駅周辺でのアンケート調査/ 調査期間:2011年2月25日、2月28日

・調査対象者:20~50代の女性100人

2. ビタミンEが春の冷え性に有効な理由とは?

ビタミンEには、末梢の血管を広げ、血液を通りやすくする働きがあります。また、赤血球をやわらかい状態に保つのも大きな役割です。これは、細い血管の中でも、赤血球が柔軟に変形し、スムーズに通れるようにするためです。

こうして血液が足元やつま先などに行き渡ることで、手足も暖かく保つことができるのです。

気温の変化による冷え性対策のために手袋、タイツ、ブーツなどで予防策を取っていたりする人も多いと思いますが、こういった保温対策に加えて、体の中から暖めることができるビタミンEも冷え性対策として摂取してみてはいかがでしょうか。

★ トラブルバスタービタミンEサイト: http://tbve.jp/

プラスEプロジェクトのサポート企業であるBASFジャパンではこうしたビタミンEの効果・効能を理解してもらうことを目的に、「トラブルバスタービタミンE」というサイトを運営しております。ビタミンEは冷え性対策の他にも、血管の病気、美肌、ボディケアにも効果があり、サイトではそれぞれの効果・効能をわかりやすく理解してもらうために、世界的なパントマイマーの「が~まるちょば」が動画で解説しています。

■トラブルバスタービタミンE

URL: http://tbve.jp/

2011年03月04日 17:08

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019年7月9日(火)~11日(木)
第6回 ホームヘルス&ダイエットEXPO

2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!