健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

新発想のランニング向けヒザ用サポーターが誕生

1024-r2.jpg

日本シグマックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 廣三)は、スポーツ向けケアブランド『ザムスト』より、ランニング向けヒザ用サポーター「ザムスト RK-1」を2011年10月28日、発売いたします。

1.発売の背景

2010年のジョギング・ランニング推計人口(※)はおよそ296万人と推計され、2006年と比べると80万人の増加、本年度以降も各地域でマラソン大会が新規開催される予定であり、ランニング人口は拡大の一途をたどっています。一方で、無理な走りや誤ったフォームによるケガをするケースも増えており、中でも最もランナーが痛めやすいヒザの障害は「ランナーヒザ(ランナーズニー)」などとも呼ばれています。

(※)笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書2010」より、週2回以上の推計実施人口

2.製品の概要

これまでのヒザ用サポーターの構造は圧迫による安定が中心でした。「ザムスト RK-1」は発想を転換し、固定するのではなく「ヒザに負担のかかりやすい動作」の制限に着目しました。具体的には、ヒザ下のアンカーパッドと、テーピングの理論を応用した下腿から大腿に斜めに走る内旋制限ストラップにより、ヒザ下の内側へのひねり(下腿の内旋)の動きを制限、ランニング時のヒザの外側への負担を軽減します(特許申請中)

3.製品規格・その他の特徴

◆ザムスト RK-1  ¥3,465(税込)

サイズ:S~L(左右別) カラー:ブラック

・ヒザの左右へのグラつきを抑制しながら、曲げ伸ばしをスムーズに行えるように設計された、独自のアクティブ樹脂ステーを採用(特許取得済)、ヒザへの負担を軽減します。

・ヒザ裏を含めた本体に薄く通気性の良い素材を採用。ランニング中もかさばらず、ムレにくく快適な装着感を実現します。

・ランニングの動きに合わせた独自の立体裁断を採用(特許取得済)。高いフィット性を実現します。

4.発売開始日

2011年10月28日(金) ※同日より開催される大阪マラソンEXPO2011の日本シグマックスブース内にザムストコーナーを設置、新商品『ザムスト RK-1』の一般向け初公開・販売を行います

5.『ザムスト』について

日本シグマックス株式会社は1973年の創業以来整形外科分野にて医療器材を供給。92年から技術と経験を活かしてスポーツ向けケアブランド「ZAMST(ザムスト)」を立ち上げ、当時海外製品が占めていた市場に日本発のサポーターとしていち早く展開しました。高い品質で支持を集め、現在はスポーツ店を中心に国内1600以上の店舗で販売しています。また、フランス、アメリカ、中国に現地法人を設立、グローバルな市場での展開を開始しています。

ザムスト ブランドサイト http://www.zamst.jp/

日本シグマックス株式会社 オフィシャルサイト http://www.sigmax.co.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES

2011年10月24日 15:58

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康・美容イベント情報

オリジナル商品開発WEEK
(第12回 国際OEM・PB開発展/第2回 地域産品展/第2回 パッケージ×デザイン展)

2020/2/18(火)~21(金)
幕張メッセ 国際展示場1~8ホール

東京デジタルイノベーション 2020
2020/2/18(火)~19(水)
ザ・プリンスパークタワー東京
(地下2階)

第17回「シーフードショー大阪」
2020/2/19(水)~20(木)
ATCホール
(アジア太平洋トレードセンター内)

国際医薬品開発展2020
2020/3/16~18(水)
東京ビッグサイト 西1~4ホール、アトリウム

健康博覧会2020(第38回)
2020/3/17(火)~19(木)
東京ビッグサイト 青海展示棟 A+B

【セミナー】一般社団法人日本栄養評議会 第98回 勉強会 演題「機能性表示食品 事後チェック指針」「外国人技能実習制度の現状と展望」
2020/3/18(水)
ホテルグランドヒル市ヶ谷 3F「瑠璃東の間」