2012年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ/ウェザーニューズ 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 調査 > 2012年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ/ウェザーニューズ

2012年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ/ウェザーニューズ

20120614_r01.jpg株式会社ウェザーニューズは、全国的にスギ・ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え、一般の方と共に展開した「花粉プロジェクト2012」における花粉症及び、花粉飛散傾向のまとめを発表しました。内容は、花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと、全国1,000箇所に設置している花粉観測機「ポールンロボ」にて計測された花粉飛散量と、その周辺エリアに住む花粉症の方30,708人の症状をまとめた結果です。本発表は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、ウェザーニューズのインターネットサイト、携帯サイトにて確認する事ができます。

【今シーズンのスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ】
◆ 花粉飛散数、西日本を中心に平年より多く、佐賀県では平年の約2倍

シーズンを通して全国の飛散量は、過去5年平均(平年とする)の90%前後で、昨シーズンの半分程度の飛散となりました。ただ、西日本では平年並みか、やや多い飛散量となった所が多く、九州では平年より飛散量が多くなりました。その要因として、2012年の春は、九州など西日本は晴れて気温が上がる日が多く、雨が少なかったため、花粉が飛びやすい日が多くなったと考えられます。また、一度飛散した花粉が、夜の間に上空から地上付近に落ち、雨で洗い流されることなく再び風にのって飛散したことも要因の一つに考えられます。東〜北日本では、飛散量が平年並か、やや少なくなった所が多く、東海では平年より30%ほど飛散量が少なくなりました。花粉が大量飛散した昨シーズンと比べると、九州では少ない県でも昨シーズンの60%程度、多い県では昨シーズンの90%程度となり、西日本を中心に昨シーズンの40~70%、東〜北日本では昨シーズンの50%前後となりました。


◆ 花粉シーズン、全国的に開始・終了が遅れ、平年より期間は“短め”

2011年から2012年にかけての冬は強い寒気が流れ込んで、全国的に寒くなりました。このため、全国的に花粉の飛散開始が遅く、スギ花粉は2月上旬からとなりました。寒気の影響が比較的少なかった九州南部では平年より数日遅くなった程度でしたが、全国的には8日ほど遅く、東海などでは約2週間遅くなった所もありました。
スギ花粉の飛散ピークは、九州や四国では3月上旬~中旬、その他の西日本や東海、関東では3月中旬~下旬の所が多くなりました。北陸や東北では、3月下旬頃に一時的に寒さが緩んで飛散量が増え始め、3月末~4月中旬に飛散のピークとなりました。
一方ヒノキ花粉は、3月末の寒さが緩んだタイミングで九州・四国から一気に飛散し始めました。その後、本格的に春らしくなってきた4月中旬以降、風が強い日や晴れて暖かい日に近畿、東海、関東などでも飛散量が増加し、近畿や東海で大量飛散となった所もありました。今シーズンは花粉飛散開始が8日ほど遅れたのに対し、飛散終了は、昨年と同様5月中旬になったところが多く、全国では平年と比べて4日ほどの遅れに止まったため、平年より約4日短い花粉シーズンとなりました。


花粉症の症状、西日本ほど“辛い”割合が多い結果に

 花粉症の症状については、昨シーズンは“非常に辛い“または“辛い”と答えた症状の重い方が全国平均で28%だったのに対し、今シーズンは23%とやや緩和された結果になりました。北〜東日本は昨シーズン29%の方が症状が重いと感じたのに対し、今シーズンは20%となり、昨シーズンの方が辛いと感じた割合が多くなりました。一方、西日本をみていくと、昨シーズンは27%、今シーズンは24%となり、北〜東日本と比べると、昨シーズンと同じように辛くなりました。西日本では、昨シーズンよりもむしろ症状が重い方の割合が増えている県もありました。以上のことから、花粉飛散量が減ってはいても大幅な症状緩和とまではいかなかったようです。


※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF
http://weathernews.com/ja/nc/press/2012/120613.html

◎株式会社ウェザーニューズ:公式サイト
http://weathernews.com/

2012年6月14日 11:11 [調査]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.