健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

乳酸菌の摂取による体脂肪の低減作用を確認 /カルピス

カルピス株式会社発酵応用研究所は、同社保有の乳酸菌ラクトバチルス・アミロボラス CP1563株(以下、「CP1563株」)に、体脂肪を低減する作用があることをヒト試験で確認しました。この研究結果を2012年10月11日~12日に開催された第33回日本肥満学会で発表しました

【研究の背景】
 「CP1563株」は脂質代謝を促進する核内受容体PPARα*1の活性化能が高いことから選抜された同社保有の乳酸菌です。同社はこれまでに、肥満モデルマウスに「CP1563株」の破砕菌体*2を摂取させると、血中脂質代謝が改善することを確認しています(日本農芸化学会2012年度大会にて3月24日発表)。

【研究成果】
 ヒト試験で、乳酸菌「CP1563株」の破砕菌体摂取による体脂肪低減作用が認められました。また、体脂肪高値者において、腹部体脂肪面積の減少作用が認められました。

【試験方法】
  HDL-コレステロールが40 mg/dL以下かつBMI 28以上の成人男女40名(平均年齢47.4±11.5 歳)を2グループに分け、「CP1563株」破砕菌体200 mgを含むカプセルまたは含まないカプセル(プラセボ)を12週間摂取していただき、体脂肪率、腹部脂肪面積等の測定を行いました。

【主な試験結果】
 「CP1563株」破砕菌体摂取群はプラセボ摂取群と比較して、体脂肪率の推移に有意(P<0.01)な差が認められました(図1参照)。
 また、腹部CTスキャンによる体脂肪面積測定の結果、「CP1563株」破砕菌体摂取群はプラセボ摂取群と比較して、体脂肪面積が低下する傾向が認められました。さらに、摂取前の体脂肪の多い方は 体脂肪面積が減少しやすいことが分かりました(図2参照)。

20121211_r01.jpg

【まとめ】
 「CP1563株」破砕菌体継続摂取による体脂肪低減作用が確認されました。同社は、今後も「CP1563株」の脂質代謝に関する有効成分の研究やヒトにおけるさらなる検証を進めることで、乳酸菌を活用した健康価値の創造を進めていきます。

【参考資料】
1.同社のこれまでの「CP1563株」に関する研究

「CP1563株」による血中脂質改善作用
 ※本結果は日本農芸化学会2012年度大会(2012年3月24日)にて発表した内容です。

<研究概要>
「CP1563株」破砕菌体の摂取により、マウスの血中脂質代謝が改善することが確認されました。

【お問合せ】
お客様相談室 0120-378090

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF(カルピス株式会社 2012年12月10日発表)
http://www.calpis.co.jp/corporate/press/nrl_00028.html

◎カルピス株式会社:公式サイト
http://www.calpis.co.jp/

2012年12月11日 15:46

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019/8/21(水)~22(木)
第14回 アグリフードEXPO 東京 2019

2019/8/29(木)~31(土)
第55回 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019