肌が本来持つ美白力とそのメカニズムを解明/ポーラ化成工業 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 研究報告 > 肌が本来持つ美白力とそのメカニズムを解明/ポーラ化成工業

肌が本来持つ美白力とそのメカニズムを解明/ポーラ化成工業

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社は、表皮細胞内に形成されるメラニンの集合体が、肌の機能である細胞分化(※)によって分解されることを見出し、肌には本来美白する力が備わっていることを解明しました。また、そのメカニズムに細胞内物質の分泌・排出に関与する因子が関係していることを発見しました。本知見は肌本来の力を利用し、色素沈着部位に直接アプローチできる新たな美白剤の創出に繋がることが期待されます。(※)表皮細胞が上層に移動する現象

【“メラニンキャップ”は肌の色調を決定づける重要な構造】
メラニンは、メラノサイト(メラニン産生細胞)内のメラノソームという細胞内小器官で作られます。また、メラノソームは、表皮細胞に受け渡され、大きな集合体“メラニンキャップ”となって核周辺に集積します。特にシミ部位では細胞の内部全体を覆うほどの過剰な集積が認められ、肌の色調に大きな影響を及ぼしています。このため、過剰なメラニンキャップの分解を促すことが、肌の色調改善、さらにはシミの改善に繋がると考えられます。

本研究では、ヒト皮膚の表皮下層に存在しているメラニンキャップが表皮上層では観察されないという、肌が本来持つ力に着目しました。そこで、表皮細胞が上層に移動する際に起きる分化という過程に、メラニンキャップをコントロールする鍵があると考え、研究を進めました(図1)。

20141029_r01.jpg

<【メラニンキャップのコントロールにVAMP1が重要】
本研究ではメラニンキャップを形成させた表皮細胞を用いて実験的に分化を誘導し、メラニンキャップの挙動を確認しました。その結果、分化誘導によってメラニンキャップが分解していることを発見しました。さらに、そのメカニズムを検証した結果、「VAMP1」という因子の発現が減少することで、メラニンキャップの分解とメラノソームの消失を引き起こすことが示唆されました(図2B,C)。以上の結果から、VAMP1の発現を減らすことが、肌が本来持つ美白力を高めることに繋がると考えられます。

【本件に関するお問い合わせ先】
(株)ポーラ・オルビスホールディングス
コーポレートコミュニケーション室
Tel03-3563-5540/Fax03-3563-5543

※詳細は下記URL(またはPDF)をご参照ください
◎ ポーラ化成工業株式会社 2014年10月24日発表
http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20141024.pdf

◎ポーラ化成工業株式会社 公式サイト
http://www.pola-rm.co.jp/

2014年10月29日 15:32 [研究報告]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.