ビフィズス菌摂取時のヒト腸内環境変動などでメタジェンと共同研究を開始/森下仁丹 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 研究報告 > ビフィズス菌摂取時のヒト腸内環境変動などでメタジェンと共同研究を開始/森下仁丹

ビフィズス菌摂取時のヒト腸内環境変動などでメタジェンと共同研究を開始/森下仁丹

森下仁丹とメタジェンは、「メタボロゲノミクス TM」を用いて、「ビフィーナ®」摂取前後の腸内環境の変化を解析し、生きたまま腸に届いたビフィズス菌がヒトの腸内環境に与える影響を明らかにする共同研究を開始します。

ビフィズス菌摂取時の腸内環境変動について「メタボロゲノミクス TM」により詳細に解析する試みは、本共同研究が世界初となります。これまでにビフィズス菌(ロンガム種)には、腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能が報告されており、この研究により新たな機能性の解明が期待されます。

また、将来的には、個人それぞれの腸内フローラにあわせて、最適と考えられるビフィズス菌や乳酸菌などあるいは腸内フローラを改善する有用素材(プレバイオティクスやバイオジェニックスなど)を組み合わせ配合した、いわゆる「オーダーメイドプロバイオティクス」を提供できればと考えております。

森下仁丹は、皮膜特性・多層構造・粒径・内容物を自由にデザインできるカプセル技術を活かして、胃酸で溶けずに腸まで届いて溶解する耐酸性ハイパープロテクトカプセルの開発に成功し、このカプセル技術を用いて開発した、ビフィズス菌(ロンガム種)を生きたまま腸へ届けるビフィズス菌配合サプリメント「ビフィーナ®」シリーズを 1993 年より販売しており、現在は機能性表示食品として販売しております。

メタジェンは、2015 年 3月に、慶應義塾大学先端生命科学研究所の福田特任准教授らによって設立された注目のベンチャー企業で、ヒトの便から腸内フローラの遺伝子情報と腸内代謝産物情報を抽出し、網羅的に統合解析する独自技術「メタボロゲノミクス TM」を用いて、腸内環境に基づいた新たな健康評価方法を開発しています。「便から生み出す健康社会」を提唱し、腸内環境が影響を及ぼすヒトの体質や疾病のメカニズムを解明することで、病気ゼロ社会の実現を目指しています。

今後も、森下仁丹とメタジェンは、2 社の強みを活かして、腸内環境の改善による健康維持・増進に貢献してまいります。


※詳細は下記URLをご参照ください。
◎森下仁丹株式会社 2015年7月7日発表
http://www.jintan.co.jp/file/newspdf000124.pdf

◎森下仁丹株式会社 公式サイト
http://www.jintan.co.jp/

2015年7月 7日 18:54 [研究報告]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.