塩化ビニルモノマーも無害化する土壌・地下水汚染浄化技術「クリオーグ・パワーバイオ法」の強化/栗田工業 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > その他 > 塩化ビニルモノマーも無害化する土壌・地下水汚染浄化技術「クリオーグ・パワーバイオ法」の強化/栗田工業

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

塩化ビニルモノマーも無害化する土壌・地下水汚染浄化技術「クリオーグ・パワーバイオ法」の強化/栗田工業

栗田工業株式会社は、土壌・地下水中の汚染物質である、塩化ビニルモノマーを含む塩素化エチレンの分解菌を大量に培養する技術を開発しました。この大量培養技術を用い土壌・地下水汚染浄化技術「クリオーグ・パワーバイオ法」の適用先を拡大し、汚染体積が数万立方メートル規模の大規模な汚染サイトの浄化に注力していきます。

微生物による土壌・地下水の浄化方法には、浄化場所に生息している菌を利用し、栄養剤を注入し活性化させることで汚染物質を分解する「バイオスティミュレーション」と、浄化場所に生息している菌に加え、外部で培養した菌を栄養剤とともに注入することで汚染物質を分解する「バイオオーグメンテーション」があります。

同社は、土壌汚染対策法の特定有害物質であるテトラクロロエチレンをはじめとした塩素化エチレンはもとより、その分解過程で生成する塩化ビニルモノマーも、無害化する唯一の分解菌であるデハロコッコイデス属細菌を安定的に培養する方法を開発し、本分解菌を用いた「バイオオーグメンテーション」として2008年から「クリオーグ・パワーバイオ法」の適用を進めてきました。

しかしながら、分解菌の活性を長期間維持し大量に培養することは困難であったため、半年程度の短期間に浄化できるのは汚染体積が数千立方メートル程度の小規模な汚染サイトに限られていました。これに対し、同社は大量培養技術の開発を進め、分解菌に対する食品添加物を主体とした栄養剤の選定やその最適添加率の設定等、分解菌の活性を長期間維持する培養条件を確立するとともに、培養環境を最適制御する大型培養装置を開発することに成功しました。

大量培養した分解菌は、複数の汚染サイトで長期試験を行い、塩化ビニルモノマーを含む塩素化エチレンを確実に分解できることを実証しています。大量培養技術の開発により1ヶ月間に従来の約20倍の分解菌が培養可能となったことで、汚染体積が数万立方メートルの大規模な汚染サイトを「クリオーグ・パワーバイオ法」によって半年程度で浄化することが可能となりました。

塩化ビニルモノマーは、デハロコッコイデス属細菌以外の微生物では分解できないため、「バイオスティミュレーション」やデハロコッコイデス属細菌以外を用いた「バイオオーグメンテーション」では塩化ビニルモノマーが残留することがあります。現状は土壌汚染対策法の特定有害物質ではないものの、その毒性の高さから特定有害物質としての指定やその基準値が具体的に検討されており、今後の法改正の動向に伴って「クリオーグ・パワーバイオ法」へのニーズがさらに高まることが予想されます。

同社は、塩化ビニルモノマーを無害化する唯一の分解菌であるデハロコッコイデス属細菌とその大量培養技術を活用し、「クリオーグ・パワーバイオ法」を大規模汚染サイトにも展開していくことで、より一層環境負荷低減に貢献します。

【詳細は下記URLをご参照下さい】
栗田工業株式会社 2016年3月14日発表
栗田工業株式会社 ホームページ




[ 特 集 ] 5分でわかる機能性表示食品制度 《更新随時》

2016年3月15日 12:01 [その他]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017/5/31(水)~6/2(金)
第8回化粧品産業技術展 CITE Japan 2017

2017年5月31日(水)~6月2日(金)
第4回 イベント総合 EXPO

化粧品 amazon 売れ筋ランキング
目もとクリーム
2位:サンホワイト P1
2
サンホワイト P1
日興リカ  \982
3位:ドクターシーラボ エンリッチリフトアイ 15g
3
ドクターシーラボ エンリッチリフトアイ 15g
ドクターシーラボ  \3230
5位:アクテアハート アイビューティー 20g
5
アクテアハート アイビューティー 20g
資生堂ジャパン (SHISEIDO JAPAN)  \2873
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.