ヤンマーが国産にんにく「やぶ医者にんにく」の本格出荷を開始/ヤンマー 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 原料 > ヤンマーが国産にんにく「やぶ医者にんにく」の本格出荷を開始/ヤンマー

ヤンマーが国産にんにく「やぶ医者にんにく」の本格出荷を開始/ヤンマー

20160616_001.jpg

ヤンマー株式会社は、農業における国家戦略特区である兵庫県養父市で「にんにく産地化プロジェクト」に独自に取り組んでいます。

このたび本プロジェクトに参加するメンバーが生産した国産ブランドにんにく「やぶ医者にんにく」を、2016年6月より本格的に出荷開始します。

同プロジェクトにおいて、同社は耕作放棄地の再生や水田転作などにより、中山間地での農業を活性化する取り組みを行っています。2012年に、養父市に直営農場「ヤンマーファームやぶ農場」を設置し、主に水田転作によるにんにくの栽培指導・ノウハウの提供を行い、地元企業や農家、自治体と協力しながらにんにくの産地化を支援していました。
2015年には、にんにくの産地化に取り組む生産者は企業や個人など約20組、総作付面積は養父市内で約4.6haとなりました。

日本国内では、海外からの安価なにんにくの輸入量が減少している中、国産にんにくの需要は増加傾向にあります。そこで同社は、本プロジェクトで栽培・収穫されたにんにくを、安心・安全な国産ブランドにんにく「やぶ医者にんにく」として、全国のスーパーや飲食店向け、業務用を中心に販売します。

今後は、本年度の本格出荷を皮切りに、養父市での耕地面積や収穫量、販路の拡大を目指すとともに、地域農業活性化に向けた稼げるビジネスモデルを確立し、全国で農産物の産地化、6次産業化支援に取り組みます。

<2016年産「やぶ医者にんにく」について>
◎販売開始日:2016年6月より順次販売
◎販売品種:ホワイト六片、金郷純白
◎総作付面積:4.6ha(ヤンマーファーム:1.6ha、地元企業・生産法人他:3.0ha)
◎収穫量:約20t~30tを予定
◎主な販路:関西圏のスーパー、飲食店(イタリアン、中華料理店など)、業務加工向け(冷凍食品など)

【ご参考】
<「やぶ医者にんにく」名前の由来>
江戸時代の俳人の松尾芭蕉の弟子である森川許六(もりかわきょりく)が編纂した「風俗文選(ふうぞくもんぜん)」という俳文集の中に「薮医者の解」という一節があり、『世の中で「薮医者」という表現は、本来名医を現す言葉であって、今言われている下手な医者のことではない。ある名医が但馬(たじま)の養父(やぶ)という所にひっそりと隠れるように住んでいて・・・・。』と書かれています。土地の人に治療を行い、死にそうな病人を治すほどの治療を行うことも少なくありませんでした。その評判は広く各地に伝わり、多くの医者の卵が養父の名医の弟子となったといわれています。にんにくは、さまざまな病気や強壮、美容にも良いとされている作物。「やぶ医者」のような名医でありたいという願いを込めて、「やぶ医者にんにく」と名づけました。

<商品ラインアップ>
◎「やぶ医者にんにく」(球:小売業向け、バラ・ムキ:業務・加工用)
5~6月頃から収穫し、約1ヶ月乾燥させた一般的なにんにくです。甘みが強くマイルドな「ホワイト六片」と、にんにくらしい辛味のある「金郷純白」をご用意しています。ホワイト六片はまるごとホイル焼きも美味しく、金郷純白は中華料理や韓国料理のスパイスにぴったりです。
※出荷時期・量などについてはヤンマーアグリイノベーション(株)までご相談ください。

◎「やぶ医者生にんにく」
5~6月頃に収穫。収穫したての新鮮なにんにくです。みずみずしく、ジューシーで甘味が強いのが特徴です。乾燥させたにんにくよりも香りがまろやかで、鍋などでまるごとお召し上がり頂けます。

◎「やぶ医者葉にんにく」
4月頃に収穫。にんにくよりもマイルドな味わいです。ニラ・ネギの代わりや根の素揚げなど、葉先~根までにんにくの風味を楽しんでいただけます。

◎「やぶ医者黒にんにく」
8月頃に収穫。にんにく特有の刺激臭がなく、糖度が増えます。抗酸化作用が高まり、健康食の側面が強い商品です。甘く、ドライフルーツ感覚で毎日お召し上がりいただけます。
【詳細は下記URLをご参照下さい】


ヤンマー株式会社  2016年6月14日発表
ヤンマー株式会社  公式サイト






[ 特 集 ] 機能性表示食品制度[機能性表示対応素材] 《更新随時》

2016年6月16日 10:21 [原料]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.