協和発酵バイオの植物生長調整剤事業の買収について/住友化学 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > その他 > 協和発酵バイオの植物生長調整剤事業の買収について/住友化学

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

協和発酵バイオの植物生長調整剤事業の買収について/住友化学

住友化学株式会社は、このたび、協和発酵バイオ株式会社(以下、「協和発酵バイオ」)の植物生長調整剤事業を譲り受けることについて、同社と合意しました。

植物生長調整剤は、果実を大きくしたり開花を促進するなど、作物の生長や発育を増進または抑制することで品質や収量の改善に貢献する農薬で、日本を含め世界的に広く使用されています。協和発酵バイオは 1958 年に「ジベレリン協和錠剤」を発売して以降、国内の植物生長調整剤のパイオニアとして、長年にわたり事業を展開してきました。

ナシやブドウの果実肥大、ブドウの無種子化などの効果を発揮する、ジベレリン製剤「ジベレリン協和」やホルクロルフェニュロン製剤「フルメット」を販売しています。住友化学は、世界の農薬企業で大規模な統合や再編が進む中、新たな農薬の開発力、バイオラショナル※などのユニークな事業、グローバルな販売網や大手メーカーとの提携関係を強みに事業を拡大しています。

中でも、高い市場成長率が見込まれるバイオラショナルなどのスペシャリティ分野では、近年、M&A や研究開発機能の充実などを積極的に進めてきました。今回、協和発酵バイオの高品質な製品や優れた知見、国内の植物生長調整剤市場におけるブランド力と、これまで当社グループが培ってきた技術やノウハウを融合させることで、こうした分野をさらに強化します。住友化学は、今回の植物生長調整剤事業の買収によって、国内外の製品ポートフォリオをさらに拡充し、農作物の生産性向上により一層貢献してまいります。

※住友化学グループでは、天然物由来などの微生物農薬、植物生長調整剤、微生物農業資材等や、それらを用いて作物を病害虫から保護したり、作物の品質や収量を向上させたりするソリューションを「バイオラショナル」と定義しています。

<協和発酵バイオの概要>
社 名 協和発酵バイオ株式会社
設 立 2008 年 10 月 1 日
資 本 金 100 億円(協和発酵キリン株式会社 100%子会社)
売 上 高 836 億円(2016 年 12 月期/連結)
代 表 者 代表取締役社長 小谷 近之
事業内容 医薬品原料、各種アミノ酸、健康食品、植物生長調整剤の製造・販売


【※詳細は下記URLをご参照下さい】
住友化学株式会社   2017年8月4日発表
住友化学株式会社  公式サイト
協和発酵バイオ株式会社   公式サイト

2017年8月 4日 19:22 [その他]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

サプリメント amazon 売れ筋ランキング
プラセンタサプリメント
3位:プラセンタC 大瓶 465ml
3
プラセンタC 大瓶 465ml
アース・バイオケミカル  \1727
4位:プラセンタの白肌クリーム 60g
4
プラセンタの白肌クリーム 60g
コスモプロダクツ  \890
5位:βプラセンタ30000 100カプセル
5
βプラセンタ30000 100カプセル
スノーデン  \4320
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.