健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

トランス脂肪酸が多い部分水素添加油脂不使用、家庭用マーガリンを刷新/明治

株式会社 明治は、家庭用マーガリン類において、トランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んでいます。今般、トランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」が、全ての家庭用マーガリン類において不使用になることから、「部分水素添加油脂の不使用」・「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴをパッケージに付与し、2018年3月1日から全国でリニューアル発売します。

日本におけるトランス脂肪酸摂取量は、欧米と比較して極めて低くなっておりますが、日本国内におけるトランス脂肪酸の認知率は80%以上と高く、消費者の関心も高いものとなっています(図1参照)。

20180209_r002.jpg

トランス脂肪酸を過剰に摂取した場合、悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少により、心臓病のリスクを高める可能性が指摘されています。トランス脂肪酸には2つの由来があり、油脂の加工の過程で生じるものと天然に生じるものがあります。

同社は、家庭用マーガリン類において、トランス脂肪酸の低減に継続的に取り組んできましたが(図2参照)、今般、油脂の加工の過程で生じるトランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」を不使用の配合にします。

これは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が2018年6月から開始する「部分水素添加油脂」の食品への使用規制に対応するもので、次の家庭用マーガリン類10商品のパッケージに「部分水素添加油脂の不使用」・「トランス脂肪酸の低減」を訴求するロゴを付与し、全国でリニューアル発売します。

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社明治  2018年2月9日発表
株式会社明治  公式サイト

 

2018年02月09日 11:20

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019/8/21(水)~22(木)
第14回 アグリフードEXPO 東京 2019

2019/8/29(木)~31(土)
第55回 JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019