脊髄損傷の研究に重要な進展をもたらす知見 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 医療全般 > 脊髄損傷の研究に重要な進展をもたらす知見

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

脊髄損傷の研究に重要な進展をもたらす知見

0821.jpg

脊髄損傷後に、再生された軸索が再形成(リフォーム)結合の可能となる正しい標的に誘導されるという、脊髄損傷の研究において重要な進展をもたらす知見が、米国の科学者らによって報告された。

以前の研究では、切断された軸索が結合し、脊髄損傷部内およびそれを超えて再生することが示されているが、これらの軸索を正確な標的に誘導する方法は判明していなかった。米カリフォルニア大学サンディエゴ校(USCD)医学部の研究者らは今回、ラットを用いた実験により、再生した軸索がニュートロフィン-3(NT-3)と呼ばれる神経系成長因子を用いて正しい標的に誘導される可能性を示した。

成長ホルモンを正しい標的に注入した場合、軸索はそこで成長し、シナプスと呼ばれる電気的結合を形成した。間違った標的に注入した場合、軸索はやはりその標的内で成長することが判明した。研究結果は、医学誌「Nature Neuroscience(ネイチャー神経科学)」オンライン版に8月2日掲載された。

著者の1人である同大学神経修復センター所長のMark Tuszynski博士は、「脊髄損傷後、再生した軸索を正しい標的に誘導する能力は、ヒトでの再生療法への移行を計画する上で極めて重要な点であった。今回の知見はこの点で非常に有望であるが、同時に、脊髄損傷における機能回復の複雑さを強調するものでもある」と述べている。(HealthDay News 8月3日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=629494
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

 

2009年8月21日 10:14 [医療全般]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
ベータグルカンサプリメント
3位:アガリクス 30日分
3
アガリクス 30日分
DHC(ディー・エイチ・シー)  \1615
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.