抗エストロゲン療法耐性乳癌(がん)にエストロゲンが奏功 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 女性の健康 > 抗エストロゲン療法耐性乳癌(がん)にエストロゲンが奏功

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

抗エストロゲン療法耐性乳癌(がん)にエストロゲンが奏功

 

0904.jpg

抗エストロゲン療法に耐性となった乳がん)の治療にエストロゲンを用いるというパラドックス的治療法(paradoxical strategy)で、実際にいくつかの腫瘍が縮小したことが、新しい研究で報告された。また、一部の腫瘍は抗エストロゲン薬に対して再度、感受性を示すようになったという。

エストロゲンによる治療は1940年代に遡るが、1970年代には抗エストロゲン薬であるタモキシフェン、現在はより強力なアロマターゼ阻害薬へと変化してきた。米ワシントン大学医学部(セントルイス)内科教授のMatthew Ellis博士らは、一部の患者はエストロゲン療法に戻せる可能性があるが、以前よりも低用量になるとの仮説を立てた。

より低用量のエストロゲンが有効である可能性を証明するため、同氏らは、以前にアロマターゼ阻害薬を使用していたが、転移乳およびエストロゲン受容体陽性腫瘍が再発した女性66例を、エストロジオール(エストロゲン)の1日6mg経口投与または30mg経口投与のいずれかに無作為に割り付けた。

研究の結果、両群の有効性は同様であり、被験者の約30%に腫瘍の縮小または成長抑制が認められた。ただし、高用量群は低用量群に比べて副作用が多く、QOL(生活の質)も低く、全体的に低用量のほうが優れていた。また、治療前後のポジトロンCT(PET)スキャンにより、腫瘍の反応を予測できることも判明。腫瘍の輝度が高いと、エストロゲンが奏功する可能性がはるかに高かった。

また、一部ではが再発したが、その3分の1はアロマターゼ阻害薬が再度奏功した。Ellis氏らは、最も便益を受ける女性群を確認するためのさらなる研究を予定している。研究結果は、米国医師会誌「JAMA」8月19日号に掲載された。(HealthDay News 8月18日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=630103

Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

 

2009年9月 4日 10:40 [女性の健康]|[薬剤情報]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.