画像検査で鍼(はり)治療の作用機序が明らかに 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 治療 > 画像検査で鍼(はり)治療の作用機序が明らかに

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

画像検査で鍼(はり)治療の作用機序が明らかに

0909.jpg

西洋でもさまざまな疾患に使われるようになってきた伝統的な中国鍼(はり)治療は、脳内の重要な受容体を調節することによって疼痛を軽減することが、新しい研究によって明らかにされた。

研究の結果、鍼治療は、疼痛シグナルを処理し弱める脳の領域、特に帯状回、島葉、尾状核、視床および扁桃体におけるμ(ミュー)オピオイド受容体の結合の有効性(availability)を高めることが判明。鍼がこれらの化学物質を直接刺激することによって、脳の長期的な疼痛調節機能に影響を及ぼす可能性があることが示された。

米ミシガン大学(アナーバー)慢性疼痛・疲労研究センターのRichard Harris氏らは今回、脳のPET(ポジトロンCT)スキャンを用いて、慢性疼痛状態である線維筋痛症の女性20例を調べた。試験期間中、疼痛に対する新しい薬剤は投与しなかった。研究結果は、医学誌「NeuroImage(神経画像)」9月号に掲載された。

同氏は「これらの受容体への結合の有効性が高まると、疼痛は軽減した。また、今回の知見により、より大きな鎮痛作用を持つモルヒネやその他のオピオイド系薬剤などは同じ受容体に結合するため、鍼治療後に医師がこれらの薬剤を使用することにつながる」という。

鍼治療は、中国では2000年以上行われており、鍼師は尖った細い針を身体の特定の位置(経穴=ツボ)に挿入する。今日、世界中の人が疼痛やアレルギー、呼吸器疾患、胃腸障害、婦人科の問題の疼痛軽減のため、鍼治療に頼るようになっている。中国の治療師は、鍼や伝統療法は身体のエネルギーの流れを変えることによって作用するという。西洋医学の医師は、鍼治療が正確にどのように作用するかを長年にわたり調べようとしている。(HealthDay News 8月27日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=629922
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

 

2009年9月 9日 10:29 [治療]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017/5/31(水)~6/2(金)
第8回化粧品産業技術展 CITE Japan 2017

2017年5月31日(水)~6月2日(金)
第4回 イベント総合 EXPO

ダイエットDVD&グッズ amazon 売れ筋ランキング
小顔グッズ
3位:ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 赤
3
ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 赤
ヴォイスエンターテイメント  \1680
4位:ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 白
4
ヴォイス メイク(VOICE MAKE) 白
ヴォイスエンターテイメント  \1680
5位:ニーズ モテ鼻メイク ノーズアップ
5
ニーズ モテ鼻メイク ノーズアップ
株式会社ニーズ  \760
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.