"電子鼻"で腎疾患を検出 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 医療全般 > "電子鼻"で腎疾患を検出

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

"電子鼻"で腎疾患を検出

0911.jpg

慢性腎不全を検知できる“電子鼻(electronic nose)”によって、ごく早期の治療可能な段階の腎疾患を非侵襲的、かつかなり安価に検出するできる可能性が、この技術を開発したイスラエルの研究者らによって示された。

イスラエル、テク二オン-イスラエル工科大学Technion-Israel Institute of Technology(ハイファ)のHossam Haick博士らは、この技術を用いて、腎機能をもたない実験用ラットの呼気から27の揮発性有機化合物(VOC)を特定し、その後、腎疾患の発症を示す最も重要な化合物5つに絞った。研究結果は、米国化学学会(ACS)発行のナノテクノロジー専門誌「ACS Nano」オンライン版に4月27日掲載された(印刷版は5月26日に掲載)。

Haick氏は「この技術を用いれば、疾患が進行し始める前でも診断が可能となる。このような早期段階で検知できれば、薬物療法と食事によって劇的に腎疾患の進行を遅らせることができる。研究の次のステップは、さまざまな種類の腎疾患を識別し、その病期を特定する技術を得ることである」と述べている。

共同研究者であるランバムRambamメディカルセンター(ハイファ)のZaid Abassi氏は「腎疾患の種類と病期を識別できるような感度の高いセンサーが開発されれば、診断が可能になるだけでなく、薬物療法やライフスタイルの変更に対する患者の反応を非常に正確にモニターすることも可能になる」と述べている。

呼気検体からがん)を検知するために開発されたこの技術については現在、腎疾患患者の呼気検体を用いた研究が進行中である。(HealthDay News 8月26日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=629729
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

 

2009年9月11日 10:26 [医療全般]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017/5/31(水)~6/2(金)
第8回化粧品産業技術展 CITE Japan 2017

2017年5月31日(水)~6月2日(金)
第4回 イベント総合 EXPO

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
ティッシュペーパー
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.