胃癌(がん)の新しい分類を提唱 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 癌(がん) > 胃癌(がん)の新しい分類を提唱

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

胃癌(がん)の新しい分類を提唱

1015.jpg

がん)の新しい分類方法によって、胃患者に対するより有効な治療と長期生存率の改善を期待できる可能性が、新しい研究によって示された。

今回の研究で、シンガポール・デューク・ナショナルDuke-National大学医学部大学院のChia Huey Ooi氏らは、オーストラリア、シンガポール、英国の胃症例301例を分析し、腫瘍が成長、拡大する際に活用する(細胞内)シグナル(情報)伝達経路に従ってを分類した。現在、胃は組織学的(cell type)または病期(ステージ)によって分類されている。

同氏は、「検討した胃腫瘍の70%以上で活性化した腫瘍形成経路を3つ同定した。また、これらのシグナル経路の組み合わせが患者の生存と有意に関連していることも判明した」と述べている。研究結果は、医学誌「PLoS Genetics(遺伝学)」オンライン版10月1日号に掲載された。

手術後5年以上生存する胃患者は4分の1未満(※編集注=生存率は国および病期により異なる)。胃は化学療法に耐性であり、新しい生物学的製剤の著効性は証明されていない。新たな分類を用いれば、医師は腫瘍のシグナル経路のプロファイルによって患者を分類し、経路で使用されるシグナルを妨害する治療をデザインすることができる。同氏らは「今回の知見が胃患者に真の個別化療法(personalized medicine)を行う初めての方法につながる可能性がある」と述べている。(HealthDay News 10月2日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631490
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

2009年10月15日 10:12 [癌(がん)]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017年9月7日(木)・8日(金)
国際フロンティア産業メッセ2017

2017年10月4日(水)・5日(木)・6日(金)
食品開発展2017

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.