ビタミンD欠乏が高血圧に関連 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 生活習慣病 > ビタミンD欠乏が高血圧に関連

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

ビタミンD欠乏が高血圧に関連

1006.jpg

血中のビタミンDレベル(濃度)が低い若齢女性は、15年後に高血圧になるリスクが3倍であることが、新しい研究によって明らかにされ、米シカゴで開かれた米国心臓協会(AHA)高血圧研究会議で報告された。

米ミシガン大学(アナーバー)公衆衛生学部のFlojaune C. Griffin氏らは、ミシガン骨健康・代謝研究(Michigan Bone Health and Metabolism Study)を開始した1993年に、559人の女性(22-44歳、平均年齢38歳)を対象に、ビタミンD欠乏を調べた。ビタミンD欠乏は血液1リットル中80ナノモル未満と定義した。その結果、被験者の80%以上にビタミンD欠乏が認められ、2%は高血圧の治療を受けており、4%は未診断の高血圧を有していた。

この時点でビタミンDレベルと高血圧の関連性は認められなかったが、2008年には19%が高血圧と診断され、6%は症状があったが気づいていなかった。年齢、肥満、喫煙の影響を調整後、研究開始時にビタミンD欠乏が認められた女性における高血圧の発症率は3倍であった。

Griffin氏は「研究期間中にビタミンD摂取に関して何が起きたのかは不明であり、ベースラインの測定後の食事に関する情報はない。研究開始以降、ビタミンDの推奨摂取量は増加し、現行のガイドラインでは60歳未満で400国際単位(IU)、60歳以上で600IUの摂取を勧めている。ビタミンDレベルを増大させる最も有効な方法は皮膚の日光への曝露である」と述べている。

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のJohn P. Forman博士は、「今回の研究は、ビタミンDの低レベルが高血圧と関連するという蓄積データが増加しつつあることを強く示している。ただし、ビタミンDの摂取量増大が高血圧予防に有用かどうかはまだわからない。それに関する大規模な無作為化試験が必要である」と述べている。(HealthDay News 9月24日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631169
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

2009年10月 6日 10:31 [生活習慣病]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

化粧品 amazon 売れ筋ランキング
美容液
2位:エバメール ゲルクリーム 詰替500g(S)
2
エバメール ゲルクリーム 詰替500g(S)
エバメール化粧品  \4390
5位:SK-II ジェノプティクス オーラエッセンス 50ml
5
SK-II ジェノプティクス オーラエッセンス 50ml
マックスファクター  \19000
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.