X線検査による放射線被爆を最小限に抑える 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 予防 > X線検査による放射線被爆を最小限に抑える

X線検査による放射線被爆を最小限に抑える

転倒後に痛む腕や光沢のある歯の内部のより良い画像が必要な場合には、医療上ある程度のX線検査は必要となる。

ただし、X線検査の価値は明らかではあるが、同時に放射線に被曝することも意味する。

米国食品医薬品局(FDA)は、放射線への不要な被爆を最小限にするために、下記のようなガイドラインを提供している:
・X線検査が自分にとってどのように有益かを調べる。医療上必要なX線検査を拒否してはいけない。
・その一方で、医師が不要という場合は強要してはいけない。
・妊娠しているか、またその疑いがある場合は、撮影前に技師に伝える。
・X線防護衣をつけられるかどうか確認する。
・低線量X線が利用できないか確認する。
・X線検査の頻度を監視するために自分の検査履歴をリストにする。
(HealthDay News 6月28日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654004
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

2011年7月15日 19:34 [予防]|[医療全般]|[検査・診断]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.