血栓の予防的措置 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 予防 > 血栓の予防的措置

血栓の予防的措置

長時間じっと座ったままでいると、危険性の高い血栓が生じる可能性がある。

米国医療研究品質局(AHRQ)は、血栓を予防する方法として下記のようなものを勧めている:
・サイズにゆとりのある靴下、ストッキング、衣服を着用する。
・可能なときには、心臓より6インチ(約15cm)高く脚を持ち上げる。
・医師の勧めがあるなら、弾性ストッキングを着用する。
・頻繁に動き回ったり姿勢を変えたりする。1度に1時間以上じっとしていない。医師の勧めに従って運動をする。
・食事での塩分摂取量を制限する。
・脚を損傷から守る。脚を組んだりしない。
・本などを利用して、ベッドの足元を4~6インチ(10~15cm)高くする。
・医師に処方された薬剤は服用する。
(HealthDay News 12月13日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=659386
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

2011年12月27日 16:12 [予防]|[医療全般]|[危険因子]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.