FDAが進行前立腺癌治療薬を承認 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 癌(がん) > FDAが進行前立腺癌治療薬を承認

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

FDAが進行前立腺癌治療薬を承認

20120918_w01.jpg他の治療法では効果がない進行前立腺がん)の治療薬として開発された新薬が、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けた。

FDAによると、エンザルタミドenzalutamide(商品名:Xtandi、日本国内未承認)として販売されるこの薬剤は、FDA優先承認審査制度によって迅速に承認された。この制度は、現行治療に大幅な前進をもたらす可能性のある薬剤に適用される。FDA医薬品評価研究センター血液学・腫瘍学製品部長であるRichard Pazdur氏は、「エンザルタミドは最新の前立腺治療薬であり、患者の余命を延ばす効果が認められている」と述べている。

テストステロンは、前立腺腫瘍の増殖を促進する男性ホルモンだが、エンザルタミドは、このホルモンの産生を妨げる作用をもつ。FDAによると、この薬剤は、ホルモン療法または化学療法を受けたにもかかわらずの再発または拡大がみられた患者用としている。
約1,200人の前立腺患者を対象とした研究では、エンザルタミドを服用した男性の全生存期間中央値は18.4カ月であったのに対し、プラセボを服用した群では13.6カ月だった。米国立研究所(NCI)によると、今年1年で約24万2,000人の男性が前立腺と診断され、2万8,000人以上が死亡すると予測されるという。
 
被験者にみられた副作用は、背部痛、疲労感や脱力感、下痢、関節痛、頭痛、めまいおよび高血圧などだった。エンザルタミドを服用した群の約1%が、痙攣(けいれん)発作のために服薬を中止する必要があったと、FDAは報告している。

エンザルタミドは、アステラス製薬の米国子会社アステラスファーマUS社(イリノイ州)および米メディベーション社(サンフランシスコ)の共同開発によるもので、両社より販売される予定。(HealthDay News 8月31日)


http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=668244
Copyright (c) 2012 HealthDay. All rights reserved.

2012年9月18日 15:33 [癌(がん)]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年10月 展示会情報

2017年10月11日(水)~ 13日(金) 
第1回 日本の食品 輸出 EXPO

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.