アルツハイマー病の記憶障害の治療に成功 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > アルツハイマー病の記憶障害の治療に成功

アルツハイマー病の記憶障害の治療に成功

20141022_w02.jpg

生活習慣の変更、サプリメント、ホルモンの複雑なプログラムを用いることで早期アルツハイマー病に関連する記憶障害を回復させる小規模な研究が成功したとの報告が、「Aging」9月号に掲載された。

このプログラムは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校神経学教授のDale Bredesen氏が開発した。

この方法は、炭水化物や加工食品を含まない食事、定期的な運動、ストレス軽減(ヨガや瞑想)、良い睡眠習慣、魚油・クルクミン・ビタミンDなどのサプリメント、ホルモン療法などの36の要素からなっており、個々の患者に合わせて調整する。

Bredesen氏は患者10人の症例を報告した。半数は軽度の精神(認知)障害または早期アルツハイマー病、残りには進行したアルツハイマー病、または「主観的」認知障害があった。

治療の結果、10人中9人の患者が3~6カ月以内に記憶の改善を報告した。治療に反応しなかった1人は進行したアルツハイマー病であった。追跡調査は3カ月~2.5年間で、追跡期間が最も長い現在70歳になる軽度障害の女性はまだ健康だという。

Bredesen氏の理論では、脳の信号伝達系の「不均衡」がアルツハイマーの原因だという。健康な脳では特定の信号が神経接続と記憶の形成を支持しており、他の信号は無関係な情報の除去を助けているが、認知機能が低下するとこのバランスが崩れる。これをもとに同氏らはプログラムを考案した。同氏は、「患者の日常生活は変化し、仕事に復職した人もいる。より大規模な研究が必要なことは明らかだ」としている。(HealthDay News 10月6日)


http://consumer.healthday.com/senior-citizen-information-31/misc-aging-news-10/report-claims-success-treating-alzheimer-s-memory-loss-692387.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.

 

2014年10月22日 10:18 [研究発表]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.