術後の合併症は同じ病院で治療した方がよい? 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 治療 > 術後の合併症は同じ病院で治療した方がよい?

術後の合併症は同じ病院で治療した方がよい?

20150630_w01.jpg

外科手術を受けた患者で退院後に合併症が生じた場合、最初の手術を受けた病院と異なる病院に再入院すると、死亡するリスクが高くなることが新たな研究で明らかにされた。

今回の研究では、2001~2011年に12の主要な外科手術のうちいずれかを受けたメディケア加入患者数百万人の情報をレビューした。約5人に1人が30日以内に合併症で再入院していた。

合併症の生じた患者の83%は手術を受けた病院に再入院しており、同じ病院に入院することにより、90日以内に死亡するリスクが26%低下することがわかった。このリスク低下の大きさは、手術の種類により44%(膵臓の部分切除または全摘出)から13%(心バイパス術)と幅がみられた。また、同じ外科チームによる治療を受けた場合は結果がやや向上することもわかった。

ただし、今回の研究では因果関係は明らかにされておらず、このような関連がみられる理由もわかっていない。この研究は、「The Lancet」に6月18日掲載された。

研究の筆頭著者で米ユタ大学助教授のBenjamin Brooke 氏は、「手術の種類よって5~22%の患者が再入院している」と指摘し、「術後に合併症をきたした場合に最善の結果を得るためには、できる限り同じ病院で、同じ医療チームによる治療を維持するよう努めることが重要だと示された」と付け加えている。

米国では「国内医療ツーリズム」が増える傾向がみられることから、この知見は重要なものだと研究グループはいう。一部の大手企業は、国内有数の病院で安く手術を受けられるよう交渉し、自社の社員にその病院で複雑な待機手術を受けることを勧めている。このようなケースでは、病院が患者の自宅から離れており、合併症を起こしても再度同じ病院に行くことが難しい場合が多い。

「多くの人は、遠い場所で手術を受けることがどういうことかを考えていない。多くの医療上の決断と同様、得るものと失うものを考慮すべきである。遠くへ行くことによって手術で望ましい結果が得られるかもしれないが、退院後に重篤な合併症が生じた場合は最善の治療を受けにくくなることがある」と、上席著者で同大学教授のSam Finlayson氏は述べている。(HealthDay News 6月18日)

http://consumer.healthday.com/senior-citizen-information-31/misc-death-and-dying-news-172/risk-of-death-lessened-when-surgical-patients-return-to-same-hospital-700466.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved

 

2015年6月30日 10:13 [治療]|[研究発表]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

生活雑貨 amazon 売れ筋ランキング
保温ボトル
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.