英国、アジアで猩紅熱が再流行 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 子供の健康 > 英国、アジアで猩紅熱が再流行

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

英国、アジアで猩紅熱が再流行

20151117_w02.jpg

ほとんど過去の歴史となっていた子どもの病気である「猩紅熱」が、世界の一部で再び出現し、英国とアジアで大流行が報告されている――こんな研究結果が「Scientific Reports」オンライン版に11月2日掲載された。オーストラリア、クイーンズランド大学感染症センター化学・分子生物化学部教授のMark Walker氏らの研究。

Walker氏は、「オーストラリアではまだ流行していないが、過去5年間で香港では5,000症例超(10倍の増加)、中国では10万症例がみられた。英国の大流行では、昨年から1万2,000症例が報告されている」と話す。同氏らは、遺伝子シークエンシングを用いて、猩紅熱を引き起こす細菌の増加と抗生物質耐性の増大を調べた。

猩紅熱は、咽頭炎を引き起こす連鎖球菌への感染により生じ、主に10歳未満の小児において、赤い皮疹、咽頭痛、発熱、頭痛、吐き気などの症状を生じる。重篤な症例には抗生物質が使われるが、治療しないと、心臓に永続的な損傷を与えるリウマチ熱に至る可能性がある。

共著者の1人は、「今回の結果は深く憂慮される。この疾患の本質が変化し、呼吸器感染症で通常処方される広域抗生物質に対して耐性を獲得する可能性のある状況だ」と述べている。猩紅熱の再流行には多くの要因が関連する可能性があり、その特定にはさらなる研究が必要だという。(HealthDay News 2015年11月5日)

http://consumer.healthday.com/infectious-disease-information-21/antibiotics-news-30/is-scarlet-fever-making-a-comeback-704992.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved. 

(参考情報)
論文アブストラクト:http://www.nature.com/articles/srep15877

 

 

2015年11月17日 11:01 [子供の健康]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017/5/31(水)~6/2(金)
第8回化粧品産業技術展 CITE Japan 2017

2017年5月31日(水)~6月2日(金)
第4回 イベント総合 EXPO

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
ベータグルカンサプリメント
5位:アガリクス 30日分
5
アガリクス 30日分
DHC(ディー・エイチ・シー)  \1615
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.