蛋白質の豊富な食事は早く満腹感を得られる 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > ダイエット・肥満 > 蛋白質の豊富な食事は早く満腹感を得られる

蛋白質の豊富な食事は早く満腹感を得られる

20150315_w01.jpg

蛋白質を豊富に含む食事のメリットが示された。新しい研究によると、蛋白質をとると満腹感が早く生じるようだという。

蛋白質は少ないカロリーで満腹感をもたらすとされ、減量のために蛋白質の豊富な肉などの摂取量を増やす人も多い。しかし、その見解を裏づける大規模研究はこれまで実施されていなかった。

米パデュー大学(インディアナ州)のRichard Mattes氏らが複数の研究データを分析した結果、実際に、蛋白質は早く満腹感をもたらすという結論が得られた。この知見は「Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics」オンライン版に3月3日掲載された。

Mattes氏によると、蛋白質は「満腹ホルモン」の放出を活発にし、満腹感の評価と最も強く関連していることが多くのエビデンスから示唆されているという。しかし、「個々の研究は少人数を対象としたものや、異なる方法で実施されたものが多く、結果の解釈が難しい。今回の研究では、複数の実験結果を統合することにより効果の存在を確認した」と同氏は説明する。

ただし、蛋白質は減量の特効薬というわけではない。「カロリー摂取量に影響を及ぼす因子は空腹感や満腹感だけではなく、他の理由から食べてしまうことも多い。満腹で食事が食べきれなくてもデザートは入るという経験のある人なら、そのことをよく知っているはずだ」とMattes氏は強調する。

研究共著者で米ミズーリ大学栄養学助教授のHeather Leidy氏によると、どのくらい蛋白質を摂取すれば満腹感を得られるかは明らかにされていないという。しかし、蛋白質の摂取量を適度に増やすことは減量の第一歩となる可能性があると、研究グループは勧めている。Mattes氏は、「今回の研究は短期的な効果に着目したものだが、この効果が長期間持続するなら、減量や体重維持に役立つはずだ」と述べている。

米レノックス・ヒル病院(ニューヨーク市)のErin Keane 氏は、今回のレビューで検討された各研究は蛋白質の摂取量に大きなばらつきがあり、満腹感の増大が全体のカロリー摂取量の低減につながったかどうかも示されていないと指摘する。一方、米クイニピアック大学(ハムデン)のDana Angelo White氏は、植物性、動物性を含めたさまざまな蛋白質を1日のなかで分散させて摂取すれば、空腹感の解消だけでなく、体に必要なアミノ酸摂取の面でも理想的だと助言している。(HealthDay News 2016年3月3日)

http://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/dieting-to-lose-weight-health-news-195/protein-heavy-meals-do-msake-you-feel-fuller-sooner-study-708641.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考文献)
論文アブストラクト:
http://www.andjrnl.org/article/S2212-2672(16)00042-3/abstract

 

2016年3月15日 10:22 [ダイエット・肥満]|[研究発表]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 販促 EXPO【春】

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【春】

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.