長時間労働で心疾患リスクが上昇 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 主な疾患 > 長時間労働で心疾患リスクが上昇

長時間労働で心疾患リスクが上昇

20160325_w01.jpg

長時間労働は心疾患リスクを上昇させる可能性があるとの報告が、「Journal of Occupational and Environmental Medicine」3月号に掲載された。米テキサス大学健康科学センター(ヒューストン)のSadie Conway氏らの研究。

Conway氏らは、労働に関連する長期研究における1,900人超のデータを分析した。43%の人は、心血管疾患(CVD)に関連する疾患(狭心症、冠動脈疾患、心不全、心臓発作、高血圧、脳卒中など)と診断されていた。

フルタイム従業員の場合、10年超での平均労働時間が週1時間増えると、CVDリスクが1%上昇していた。このリスク上昇は労働時間が46時間を超えると始まり、10年超での平均労働時間が週45時間の労働者に比べて、週55時間の労働者は16%、週60時間の労働者は35%、心疾患リスクが高かった。

この結果はパートタイム労働者には当てはまらなかった。なお、この結果は長時間労働と心疾患リスク上昇の因果関係を証明したわけではない。

Conway氏は、「今回の研究は、長時間労働とCVDリスク上昇について明確なエビデンスを提供する。これが労働スケジュールに着目したCVD予防の取り組みの基盤となり、多くの労働者のCVDリスクを低減する可能性がある」と述べている。(HealthDay News 2016年3月14日)

http://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/misc-stroke-related-heart-news-360/long-work-hours-heart-disease-joem-release-batch-2566-708764.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://journals.lww.com/joem/Fulltext/2016/03000/Dose_Response_Relation_Between_Work_Hours_and.1.aspx

 

2016年3月25日 11:44 [主な疾患]|[研究発表]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.