手根管症候群の危険因子 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 危険因子 > 手根管症候群の危険因子

手根管症候群の危険因子

手根管症候群は、手首のなかの組織が腫れ、近くの神経を圧迫して痛みや不快感を引き起こす疾患です。以下のような要因があると発症しやすくなります。

・遺伝。(生まれつき手根管が狭い家系があります。)
・長期間にわたる、手を使う同じ作業の繰り返し。
・妊娠中などのホルモンの変化。
・加齢。
糖尿病、甲状腺疾患、関節リウマチなどの病気。

情報元:米国整形外科学会(AAOS)(HealthDay News 2016年4月21日)

http://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/carpal-tunnel-syndrome-news-115/health-tip-at-risk-for-carpal-tunnel-syndrome-709439.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

2016年5月11日 09:54 [危険因子]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.