「おくるみ」でSIDSの発生率が上昇 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 妊娠・出産・育児 > 「おくるみ」でSIDSの発生率が上昇

「おくるみ」でSIDSの発生率が上昇

20160517_w01.jpg

睡眠中の乳児におくるみを使い、特にうつぶせにすると、乳児突然死症候群(SIDS)による死亡リスクが高まることが、米バージニア大学医学校小児科教授のRachel Moon氏らの研究で示唆され、研究論文が「Pediatrics」オンライン版に5月9日掲載された。

おくるみとは通常、頭は出して腕を中に入れた状態で毛布や布で子どもをくるむことを指す。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では2014年、約1,500人の小児がSIDSで死亡したという。

Moon氏らは、これまでに発表された4件の研究の結果を分析し、SIDSで死亡した乳児760人をそうでない乳児1,759人と比較した。これらの研究は20年にわたり、英国、オーストラリアのタスマニア、米シカゴで実施された。

分析の結果、くるまれた乳児では、SIDSで死亡する可能性が50~60%高かったという。おくるみによりSIDSリスクは全般的に上昇したが、うつぶせにして寝かせるとさらに上昇し、これらの乳児のSIDSリスクはおくるみを使わない乳児の約13倍に達した。このリスクは、乳児が自分で寝返りができる可能性の高まる生後6カ月に近づくにつれて上昇した。

Moon氏は、これらの関連性の原因は説明できず、本研究はおくるみとSIDSリスクの因果関係を証明できないとしている。また本分析には、4件の研究でおくるみの定義が異なるなど、いくつかの限界があったという。

Moon氏は、「子どもが寝返りできるようになったらおくるみを使ってはならないこと、うつぶせまたは横向きに寝かせないことを覚えておいてほしい」と話している。一方で他の専門家は、「睡眠時のおくるみは全て推奨しない」とコメントしている。(HealthDay News 2016年5月9日)

https://consumer.healthday.com/kids-health-information-23/sudden-infant-death-syndrome-sids-news-643/swaddling-may-up-sids-risk-study-710734.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2016/05/05/peds.2015-3275

 

2016年5月17日 10:21 [妊娠・出産・育児]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年10月 展示会情報

2017年10月11日(水)~ 13日(金) 
第1回 日本の食品 輸出 EXPO

生活雑貨 amazon 売れ筋ランキング
靴づれ予防グッズ
5位:小指ジェルパッド
5
小指ジェルパッド
株式会社ニーズ  \725
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.