「孤独の感じやすさ」の4分の1はDNAが原因 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 「孤独の感じやすさ」の4分の1はDNAが原因

「孤独の感じやすさ」の4分の1はDNAが原因

20161005_w04.jpg

生涯にわたり孤独を感じやすい人は、少なくともその一部は遺伝子が原因である可能性があることが、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のAbraham Palmer氏らによる大規模解析で示唆された。

今回の解析は、健康と退職、加齢に関連する問題に着目した米国立加齢研究所(NIA)の研究に参加した50歳以上の男女1万1,000人を対象とした。Palmer氏らは、一時的な孤独感ではなく、生涯にわたる孤独感に注目。まず、全被験者に対して「人との交流がないと感じる頻度」「仲間外れにされていると感じる頻度」「他者から孤立していると感じる頻度」という基本的な質問をし、次に、各回答者の遺伝的背景を検討した。

その結果、生涯にわたり孤独を感じる傾向のうち、14~27%は遺伝的形質による可能性があると結論づけられた。Palmer氏は、「親しい友人と家族の人数が同じである2人がいても、1人は適切な社会的関係を築けていると感じており、もう1人はそうではない場合がある。『孤独感の遺伝的素因』があるというのはそういうことだ」と述べている。 研究によれば、孤独感は慢性的な神経症や抑うつを伴う傾向があったという。

それでも、遺伝的要因では慢性的な孤独感のうち約4分の1しか説明できないことから、今回の研究結果は、慢性的な孤独感は生まれつきの要因よりも環境的な要因によって生じることを示唆しているという。

今回の研究は、米国立衛生研究所(NIH)が資金の一部を提供し、 「Neuropsychopharmacology」オンライン版に9月15日掲載された。(HealthDay News 2016年9月26日)

https://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/psychology-and-mental-health-news-566/always-lonely-blame-your-dna-715139.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

2016年10月 7日 11:30 [研究発表]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 販促 EXPO【春】

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【春】

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.