心不全患者でも、カフェインで不整脈リスクは上昇しない 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 心不全患者でも、カフェインで不整脈リスクは上昇しない

心不全患者でも、カフェインで不整脈リスクは上昇しない

201601026_w004.jpg

通説に反して、コーヒーを飲んでも心不全患者の不整脈リスクは高まらないようだ―こんな研究結果が「JAMA Internal Medicine」オンライン版に10月17日掲載された。リオグランデ・ド・スール連邦大学(ブラジル、ポルトアレグレ)のLuis Rohde氏らの研究。

Rohde氏らは、心不全患者51人を無作為に2群に割りつけ、1群にはカフェインパウダー100mgを入れたカフェイン抜きのコーヒー、もう1群にはミルクパウダーを入れたカフェイン抜きのコーヒーを与えた。患者は5時間の間、1時間ごとにコーヒーを飲んだ。カフェイン群は計500mgのカフェインを摂取した。

最後の1杯を飲んだ1時間後にトレッドミルで「負荷」試験を行ったところ、カフェインの心拍に対する影響は認められなかった。ただし、今回の研究は小規模であり、被験者の約半数はコーヒーを常飲していたため、カフェインの影響を受けにくくなっていた可能性があると、同氏らは指摘する。また、カフェインの長期使用が心不全患者の心調律異常に及ぼす影響も検討していない。

Rohde 氏は、「今回のデータは、ほとんどの心疾患患者が適度な量のカフェイン飲料を飲んでも大きなリスクはないと安心させるものだ。長年、カフェイン飲料は動悸や不整脈などの症状を引き起こすことが疑われていたため、臨床現場では心疾患患者に対してコーヒーの摂取を止めるか減らすように助言することが推奨されてきた」と話している。(HealthDay News 2016年10月17日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/arrhythmia-958/caffeine-isn-t-linked-to-irregular-heartbeat-in-heart-failure-patients-715890.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

2016年10月26日 12:17 [研究発表]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.