身長に関連する新しい遺伝子変異を発見 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 身長に関連する新しい遺伝子変異を発見

身長に関連する新しい遺伝子変異を発見

20170213_w03.jpg

身長に大きな影響を及ぼす可能性がある新たな遺伝子変異が、英ロンドン大学クイーン・メアリー校のPanos Deloukas氏らの研究でみつかった。研究結果は、「Nature」に2月1日オンライン掲載された。

Deloukas氏は、「今回発見された新しい遺伝子変異はまれだがヒトの身長に大きな影響を及ぼすものであり、ヒトの骨格の成長に新しい重要な洞察をもたらす。同定された遺伝子は成長障害の発症リスク予測に有用となるだろう」と述べている。

研究では、世界の70万人超のDNAを分析。新たに同定された83個の遺伝子変異は、身長に最大2cmの差をもたらす可能性があることがわかった。これまでにも身長に1mm未満の影響を及ぼす数百の遺伝子変異が特定されているが、今回みつかった遺伝子変異は、平均で従来わかっていた変異の10倍以上の影響をもたらすという。

共著者の1人は、「この発見で、ヒトの身長に影響する遺伝要因の4分の1以上に説明がつく可能性がある」と話す。ヒトの身長はほとんどが遺伝で決まることがわかっているが、成長の過程についてはあまり解明されていない。身長50cm程度の乳児がどうやって完全に均整のとれた成人に成長するのか、どうして一部の人では他の人よりも身長が数十cmも高くなるのか―これは、生物学の魅惑的だがあまり解明されていない側面だという。

Deloukas氏らは、いつの日かこの知見を用いて成長障害に対する個別化医療を開発できる希望があるとしている。(HealthDay News 2017年2月1日)
https://consumer.healthday.com/health-technology-information-18/genetics-news-334/gene-discoveries-offer-new-height-insights-719211.html
Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

2017年2月16日 12:08 [研究発表]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年5月16日(水)
にいがた 食と総合ビジネス商談会

2018年4月18日(水)・19日(木)・20日(金)
バイオファーマジャパン 2018

ダイエット本 amazon 売れ筋ランキング
伊達友美ダイエット本
1位:大盛りご飯を食べてもやせる技術 伊達式食べ合せダイエット
1
大盛りご飯を食べてもやせる技術 伊達式食べ合せダイエット
2013/12/09発売
伊達 友美池田書店  \950
2位:やせたければ体を温める! 体温アップダイエット
2
やせたければ体を温める! 体温アップダイエット
2009/12/19発売
伊達 友美アスコム  \1404
3位:食べたいものを食べてやせる
3
食べたいものを食べてやせる
2013/03/08発売
伊達 友美幻冬舎  \975
4位:食べてきれいにやせる!—伊達式脂肪燃焼ダイエット
4
食べてきれいにやせる!—伊達式脂肪燃焼ダイエット
2006/06発売
伊達 友美幻冬舎  \1257
5位:一生、太らない!食べ方の極意40
5
一生、太らない!食べ方の極意40
2014/02/25発売
伊達 友美学研パブリッシング  \1296
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.