脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 治療 > 脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効

20170629_w01.jpg

脳卒中を発症してから長期間が経過した患者を対象とした研究から、リハビリテーション(リハビリ)として「乗馬療法」や、リズムと音楽を組み合わせた「リズム音楽療法」を実施することで身体機能や認知機能が改善する可能性が示された。この研究結果は「Stroke」6月号に掲載された。

この研究は、ニューカッスル大学(オーストラリア)のMichael Nilsson氏らが実施したもの。脳卒中発症後にできるだけ早くリハビリを行うことが重要であることは知られているが、発症から長期間が経過した後も引き続きリハビリを行うことで、一定の効果が得られる可能性が示された。また、その手段として専門スタッフの指導の下で行う乗馬療法やリズム音楽療法が有望であることも分かった。

研究の対象は、スウェーデンの大学病院で治療を受けた、発症から10カ月以上5年以内の脳卒中患者123人。これらの患者を乗馬療法群、リズム音楽療法群、標準治療を行う対照群のいずれかに41人ずつランダムに割り付けた。乗馬療法およびリズム音楽療法は1週間に2回のペースで12週間実施。それぞれ乗馬療法を専門とする理学療法士および作業療法士、あるいはリズム音楽療法を専門とするセラピストが主導した。

その結果、これらのリハビリが終了してから6カ月後のバランス能力と移動能力は、対照群よりも乗馬療法群とリズム音楽療法群の方が優れていた。また、身体機能や日常生活動作、移動能力、コミュニケーションといったさまざまな面で「回復した」と感じている患者の割合も、対照群の22%に対して乗馬療法群では56%、リズム音楽療法群では43%と高かった。

脳卒中患者のリハビリは発症から間もない「急性期」に開始することで機能を改善させることが知られているが、Nilsson氏によると「発症から時間が経過した段階ではできることはない」というのが一般的な見解だった。ただ、最近の研究で脳には一度機能を失ってもリハビリによって回復する力(可塑性)があることが明らかになりつつあり、発症から長期間が経過した慢性期での回復も徐々に注目されつつあるという。同氏は、今回の研究結果を踏まえ「機能を改善させるのに遅過ぎることはない」と強調している。

Nilsson氏らによると、乗馬療法では馬の動きによって健康な人が歩行するときと同様の「感覚運動の経験」が得られるほか、精神的・社会的なつながりがもたらされるといった効果も期待されているという。また、リズム音楽療法にも身体や感覚、精神を刺激する効果があると考えられている。

米国脳卒中協会(ASA)のスポークスパーソンのDaniel Lackland氏は、「この研究は小規模であるため確実な結論を導くことは難しい」とした上で、「今後も脳卒中患者を長期にわたってサポートする方法として、従来とは異なるアプローチに注目し続けるべきだ」との見解を示している。

また、Nilsson氏は「実用面でいえば乗馬療法よりも音楽療法の方が設備や費用などの面で導入しやすい」としているが、Lackland氏は「今後、乗馬療法によってもたらされる利益が、周囲の人たちとの交流あるいは動物とのふれあいといった特定の要素によるものなのかどうかを明らかにできると興味深い」と話している。(HealthDay News 2017年6月15日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/heart-stroke-related-stroke-353/horse-therapy-could-rein-in-stroke-s-damage-years-later-723731.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

2017年6月29日 14:09 [治療]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017年9月7日(木)・8日(金)
国際フロンティア産業メッセ2017

2017年10月4日(水)・5日(木)・6日(金)
食品開発展2017

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.