研究発表関連の海外ニュース 【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

研究発表の最新記事一覧

低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か

低脂肪の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取することは健康的だと考えられているが、これらを日常的に摂取することでパーキンソン病の発症リスクがわずかに上昇する可能性が、米ハーバード大学T.H.チ...

2017年6月21日 14:04 [研究発表]

朝食の炭水化物の比率で意思決定が変わる?

重大な決定を下さなければならない日、朝食は卵とシリアルのどちらにすべきだろうか。リューベック大学(ドイツ)のSoyoung Park氏らの予備的研究で、朝食の内容が意思決定に影響を与えうることが示唆...

2017年6月21日 13:30 [研究発表]

着圧タイツでランニング中の筋肉疲労は軽減しない

熱心なランナーがランニングのときに着用する「機能性タイツ」には、脚を圧迫してサポートする機能を持つものもある。しかし、こうした着圧タイツをはいてもタイムを改善する効果はない可能性が、米オハイオ州立大...

2017年6月16日 14:58 [研究発表]

溺水事故ではバイスタンダーCPRにより神経学的予後が改善

溺水した人に対し、現場に居合わせた人(バイスタンダー)がすぐに胸骨圧迫を始めれば、良好な脳機能を回復できる可能性が高まることが、米南カリフォルニア大学(USC)ケック医学部のJoshua Tobin...

2017年6月 6日 15:38 [研究発表]

ADHDの人は個人競技よりも団体競技を好む傾向

注意欠如・多動症(ADHD)の人は個人競技よりも団体競技をする傾向があるとの研究結果が、米サンディエゴで5月8~13日に開催された米国スポーツ医学会(AMSSM)年次集会で5月11日発表された。米オ...

2017年5月26日 16:42 [その他]|[研究発表]

関節リウマチの早期治療が長期的予後に影響

関節リウマチ(RA)を早期に治療すると長期的な予後が改善する可能性があるとの研究結果が、英マンチェスター大学のSuzanne Verstappen氏らにより報告され、「Arthritis &...

2017年5月12日 16:41 [研究発表]

ビール祭りでの大量飲酒が不整脈に関連

短期間の大量飲酒は、健常者であっても心調律異常のリスクを著しく高めることが分かった。ミュンヘン大学病院(ドイツ)内科助教授のMoritz Sinner氏らの研究で、「European Heart J...

2017年5月10日 14:09 [研究発表]

失業や再就職により脳卒中リスクが上昇 ―日本人研究

失業すると脳卒中による死亡リスクが高まる可能性があることが、大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学客員准教授のEhab Eshaks氏らの研究で示唆された。 同氏らは、40~59歳の日本人約4万2,...

2017年4月28日 13:56 [危険因子]|[研究発表]

周辺視野には大きな個人差があると判明

視野の中心にない物体を見る能力、すなわち周辺視野にある物体を見つける能力には著しい個人差があることが、英ロンドン大学(UCL)のJohn Greenwood氏らの研究で分かった。 例えば、左側にあ...

2017年4月28日 09:58 [研究発表]

栄養不足に対するマルチビタミン補充は心疾患リスクを低減しない

栄養不足の男性がマルチビタミンのサプリメントを摂取しても、心臓の健康には役立たないようであることが、米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のHoward Sesso氏らの研究で示された。 ...

2017年4月21日 16:01 [研究発表]

自傷は自殺の前兆か

自傷行為をする人では1年以内の自殺リスクも高いことが、米コロンビア大学医療センター(ニューヨーク市)精神医学教授のMark Olfson氏らの研究で示唆された。 米国45州のメディケイドの情報をも...

2017年4月14日 12:09 [研究発表]

マラソンのタイムが早期から低下する人の特徴

どんなマラソンランナーでも年をとれば、いつの日かタイムは落ちはじめるものである。しかし、その時期や程度はタイムや性別により異なる可能性があることが、米ジョージア州立大学呼吸療法学部准教授のGeral...

2017年4月13日 18:05 [研究発表]

ピーナッツアレルギーでも他のナッツ類は食べられる?

1種類のナッツ類にアレルギーをもつ人でも、必ずしも他のナッツ類を除去すべきとは限らないことが、新たな研究で判明した。1種類のナッツ類にアレルギーをもつ人の半数以上は、他のナッツ類にアレルギー反応を示...

2017年4月 7日 12:13 [研究発表]

減塩すると夜間頻尿が改善 ―日本人での検討

塩分摂取量を減らすと、夜間にトイレに行く回数が減る可能性があることが、長崎大学泌尿器科・腎移植外科の松尾朋博氏らの研究で示唆された。 就寝中にトイレに行くために1回以上起きてしまう状態を夜間頻尿と...

2017年4月 3日 17:24 [研究発表]

睡眠時無呼吸のCPAP治療で夜間頻尿が低減する可能性

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を持続陽圧呼吸療法(CPAP)で治療すると、夜間の頻尿も改善される可能性があることが、新たな研究で示された。研究者らによると、この研究は実臨床のOSA患者における夜間頻尿...

2017年4月 3日 17:20 [研究発表]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
花粉症対策掃除機用ヘッド
4位:布団用掃除機 ブラシ SD-345
4
布団用掃除機 ブラシ SD-345
フカダック  \4523
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.