海外の健康・美容・医療ニュース【健康美容EXPO】

海外ニュース記事一覧

過度の運動に腸の損傷リスク

過度の運動に腸の損傷リスク

過度の激しい運動は腸の損傷につながる可能性があることが、モナッシュ大学(オーストラリア)のRicardo Costa氏らの研究で示唆された。 Costa氏によると、長時間の激しい運動に対するストレ...

2017年6月30日 10:15 [予防]
火星探査で宇宙飛行士のがんリスクが劇的に上昇

火星探査で宇宙飛行士のがんリスクが劇的に上昇

宇宙飛行士が地球から火星まで移動する際、がんリスクが劇的に上昇する可能性があることが、米ネバダ大学ラスベガス校の宇宙物理学者であるFrancis Cucinotta氏らによる研究で示唆された。長期的...

2017年6月29日 14:11 [癌(がん)]
脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効

脳卒中後のリハビリに乗馬療法や音楽療法が有効

脳卒中を発症してから長期間が経過した患者を対象とした研究から、リハビリテーション(リハビリ)として「乗馬療法」や、リズムと音楽を組み合わせた「リズム音楽療法」を実施することで身体機能や認知機能が改善...

2017年6月29日 14:09 [治療]

庭に蚊を寄せ付けない

蚊は、不快で刺されると痒いというだけでなく、ジカウイルス感染症やウエストナイル熱などの多数の深刻な疾患を媒介します。自宅の庭に蚊を寄せ付けないために、しっかり対策しましょう。 ・屋外に置いてあるごみ...

2017年6月27日 10:59 [その他]

介護ストレスをためないために

介護をしていると、1日にすべき仕事を終わらせる時間が足りないと思うかもしれません。介護をする人がストレスをためないためのヒントを以下に紹介します。 ・アルツハイマー病の家族がいる場合は、夕方に支援を...

2017年6月22日 17:13 [その他]
低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か

低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か

低脂肪の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取することは健康的だと考えられているが、これらを日常的に摂取することでパーキンソン病の発症リスクがわずかに上昇する可能性が、米ハーバード大学T.H.チ...

2017年6月21日 14:04 [研究発表]
製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか

製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか

製薬企業から食事を提供されたり、旅費や講演料などを受け取ったりしたことがある腫瘍医は、その企業が製造するがん治療薬を処方する確率が高いことが、米ノースカロライナ大学のAaron Mitchell氏ら...

2017年6月21日 13:57 [癌(がん)]
朝食の炭水化物の比率で意思決定が変わる?

朝食の炭水化物の比率で意思決定が変わる?

重大な決定を下さなければならない日、朝食は卵とシリアルのどちらにすべきだろうか。リューベック大学(ドイツ)のSoyoung Park氏らの予備的研究で、朝食の内容が意思決定に影響を与えうることが示唆...

2017年6月21日 13:30 [研究発表]

子宮筋腫の症状を見逃さない

子宮筋腫は女性の子宮にできる腫瘍の一種です。通常はがん性のものではありませんが、無視できない痛みや不快感を引き起こすことがあります。子宮筋腫の患者さんでは、以下のような症状があることが多いです。 ・...

2017年6月16日 16:00 [女性の健康]
着圧タイツでランニング中の筋肉疲労は軽減しない

着圧タイツでランニング中の筋肉疲労は軽減しない

熱心なランナーがランニングのときに着用する「機能性タイツ」には、脚を圧迫してサポートする機能を持つものもある。しかし、こうした着圧タイツをはいてもタイムを改善する効果はない可能性が、米オハイオ州立大...

2017年6月16日 14:58 [研究発表]
手洗いの効果、水温で違いは?

手洗いの効果、水温で違いは?

手洗いをするとき、細菌を殺すために火傷しそうな熱い湯を使う必要はなく、手指の衛生には水温よりも十分な時間をかけることの方が重要だと分かった。この結果は、食品を扱う施設に対して手洗いに38℃の水を使う...

2017年6月13日 18:30 [生活習慣病]
特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績

特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績

トロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)融合蛋白質を選択的に阻害するがん治療薬larotrectinib(国内未承認)が、年齢やがんの種類にかかわらず有効である可能性が同薬の臨床試験で示された。 同...

2017年6月13日 17:50 [癌(がん)]
降圧薬は1種類よりも「低用量を2種類以上」が良い?

降圧薬は1種類よりも「低用量を2種類以上」が良い?

複数の種類の降圧薬を低用量ずつ組み合わせて使用した方が、1種類の降圧薬を標準用量で使用するよりも降圧効果が優れている可能性が、ジョージ・グローバルヘルス研究所(オーストラリア)のAnthony Ro...

2017年6月13日 10:45 [薬剤情報]
脱毛に免疫細胞の異常が関与する可能性

脱毛に免疫細胞の異常が関与する可能性

免疫細胞の異常が脱毛に寄与している可能性が、新たな研究で示唆された。