健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

一般用医薬品販売制度の定着状況の調査結果/厚生労働省

薬局・薬店が店舗やインターネットで消費者に適切に説明を行っているかどうか等を調査した「一般用医薬品販売制度定着状況調査」(平成25年度)の調査結果がまとまりましたので、公表します。

今回の調査結果では、店舗での販売に関する調査では、第1類医薬品の販売の際に薬剤師による文書で説明する割合が 67.5% であることが確認されました。また、インターネット販売では、メールで販売先に問い合わせした際、返信があった割合が54.7%であり、年々低下となっています。

厚生労働省では、今年6月に施行された新たな販売制度の内容も含め、関係団体に制度を周知徹底するとともに、各自治体等と連携し、販売制度の定着に取り組みます。

また、6月12日のインターネットでの販売制度が始まったことを受け、医薬品の販売ルールについて、国民の皆様への周知にも努めます。

※ この調査は、一般用医薬品の販売制度(ルール)の遵守状況について、民間調査会社に委託し、一般消費者の立場から毎年度調査を行い、公表している。今回の調査は、平成26年1月に行った。

 

【主な調査結果】 (括弧内の数字は平成24年度結果)

<店舗での販売に関する調査>

○ 第1類医薬品の購入の際に「説明があった」のは97.6%(95.1%)。このうち、「文書を用いて詳細な説明があった」のは67.5%(60.7%)

※ 薬事法上、第1類医薬品を販売する際、薬剤師は文書で情報提供する義務がある
○ 第1類医薬品に関する相談に対して「適切な回答があった」のは96.2% (95.3%)
○ 第2類医薬品に関する相談に対して「適切な回答があった」のは95.9% (93.4%)

<インターネット販売に関する調査>
○ メールで相談先に問い合わせした際、「返信があった」のは54.7% (58.7%) 

◎一般用医薬品販売制度の定着状況の調査結果 2014年6月23日発表
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000048855.html

◎一般用医薬品販売制度定着状況調査結果(概要)(PDF:155KB) http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/gaiyou.pdf
◎一般用医薬品販売制度定着状況調査結果(報告書)(PDF:458KB) http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/houkoku25.pdf

2014年06月24日 12:51

関連記事

健康・美容イベント情報

第22回 JAPANドラッグストアショー
2022/8/19(金)~21(日)
東京ビッグサイト 東展示棟3・4・5・6ホール

【オンラインセミナー】第27回 tokiwaウェビナー『目指せ健康長寿!シニア向け素材で活き活きLifeを手に入れよう!』
2022/8/24(水)16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

フロントオフィスDXPO 東京’22
2022/8/25(木)~26(金)
東京ビッグサイト 東7ホール