健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

レノア・ジャパンがチュ-ニングコスメ「チュ-ンメ-カ-ズ」を発表

Tunemakers(チューンメーカーズ) レノア・ジャパン株式会社(本社東京都新宿区、松岡潤社長)は11日、同社の新たな基礎化粧品ブランドとなる「Tunemakers(チューンメーカーズ)」の販売を開始した。  「チューンメーカーズ」は使用者がその日の自分の肌状態に合わせて、好みの成分を選択して使用できる原液美容液のシリーズ。“スペシャルエッセンス”、“モイストエッセンス”、“オイルエッセンス”、“アロマエッセンス”の4カテゴリー24アイテムで、その他に専用スポイトと、美容液の希釈用に弱酸性水が用意されている。  中でも、同ブランドのメインとなるカテゴリーが、機能性成分の原液を揃えた“スペシャルエッセンス”。コエンザイムQ10やプラセンタエキス、レチノール、カミツレエキスなど12種類のアイテムがある。肌トラブルやその日の肌の状態に合わせて、選んで使用できる。素材にこだわり、べたつきや臭いを感じないが、さらにさっぱりとした使用感を望む場合は弱酸性水で希釈したり、アロマウォーターで香り付けして楽しむこともできる。  また、“モイストエッセンス”にはヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分、“オイルエッセンス”には精製スクワランや精製ホホバオイルなどの乾燥を防ぐための油分がラインナップされる。アロマエッセンスは、ローズ、ラベンダー、ペパーミント、オレンジフラワーの4種のアロマ水を揃える。  現在、店舗からの引き合いは多いが、当初はロフトに限定して販売を行う。本格的に販売を開始するのは今年4月から。バラエティストアやドラッグストアなどのほか、新規ルートの開拓も行う予定。さらに、24日にはインターネット上にブランドHPを立ち上げ、3月末からは同サイトでの通販も開始する。  同ブランドについて松岡社長は「コンセプト変更やデザイン、配合成分の違いだけでは、もはや化粧品は差別化できない。『チューンメーカーズ』は使うことを楽しめる、好みに応じてカスタマイズできるという、今までにない付加価値をプラスした」とする。  価格は“スペシャルエッセンス”の場合、10mlで1,260円から2,520円(税込)。手頃な価格設定で、いろいろな種類を手元に揃えられるようにした。よりカスタマイズの幅が広がるように、既に“スペシャルエッセンス”のアイテム数を増やすことも視野に入れている。

2006年01月23日 11:54