健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

大島椿が「つやつやになるスプレー」にSサイズ投入

つやつやになるスプレー  大島椿(株)(本社東京都港区、岡田昌啓社長)は、このほどヘアケア用ツバキ油「大島椿」をヘアスプレー化した「つやつやになるスプレー」のミニサイズ「つやつやになるスプレーS」(44g/税込み760円)を発売した。
  「つやつやになるスプレーS」は、「大島椿」にLPGガスを加えてスプレー化したもので、そのほかの配合成分は「大島椿」と全く変わらない。ツバキ油は、オレイン酸が約85%入っているのが特徴で、酸化しにくく、人間の皮脂に近い油であるという。
  その効果としては、(1)髪の水分をキープし、しっとり感を長続きさせる水分蒸発抑制効果、(2)紫外線(UV-B)防止効果、(3)ドライヤーの熱から髪を守る耐熱効果、(4)髪を傷める静電気の発生を抑え、なめらかにまとまりやすくする静電気防止効果、(5)キューティクルを覆って傷みを防ぎ、補修する損傷防止効果、(6)シャンプー前に頭皮をマッサージすると毛穴の汚れまで落とし頭皮を清潔に保つ効果――などが挙げられる。
  同社では、カラーリングやパーマで傷んだ髪にも最適であるとしている。
  「つやつやスプレー」は、ツバキ油を手軽に使うたいという顧客の要望を受けて開発した製品。99年の発売以来、ここ数年は年間約20万本を販売している。今回、「S」を開発したのは、(1)携帯に便利であること、(2)お試しサイズとして最適であることから、良さを実感してから大型サイズを購入して欲しいと考えたことから。
  新聞・雑誌などのプレゼントパブリシティや店舗に専用ボックスを設置するなどして、アピールしていく考え。販路はバラエティショップや、ドラッグストアで展開する。

2006年02月03日 16:01