健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

フリップフラップが黒にんにくサプリメント発売へ

超熟成黒にんにく極み (株)フリップフラップ(本社東京都港区、冨田宏樹社長)は3月より、新製品として「超熟成黒にんにく極み」の販売を開始する。   同製品は、黒にんにくの濃縮パウダーをソフトカプセルに詰めたもので、疲労回復などを訴求する。黒にんにくは、にんにくを1ヵ月間低温で熟成させて、黒く変色したもの。岐阜県が産業振興のために研究開発を行っている。同社で分析を行ったところ、ビタミンEが約80倍に増加していた。ビタミンEは脂溶性だが、水溶性のSOD(活性酸素を除去する酵素)も8.7倍に増えていたことから、同社営業企画部・池田貴司氏は「脂溶性、水溶性の両方の性質を兼ね備えており、抗酸化食品として理想的だ」と、言う。   また、低分子酵素(EMN)も配合した。EMNは低分子であるため体内への吸収が良く、吸収時に死滅することもないとされる。また、一緒に摂取したものの吸収率を高める効果があるため、同社では「酵素が補給できるとともに、黒にんにくの有効成分を効果的に体内へ吸収させることができる」としている。   同社ではにんにく関連製品への市場ニーズは根強いとみている。販売ルートはドラッグストアや量販店などの店頭をメインに考えているが、ホームページでの自社通販も視野に入れているという。   同製品は10日から開催される「JAPANドラッグストアショー」(主催:日本チェーンドラッグストア協会、場所:幕張メッセ)において、同時に発売を開始する美容サプリメント「マリンボーテ」(主成分:N-アセチルグルコサミン)と共にお披露目を行う予定。   60粒入りで、希望小売価格は2,400円(税込)。

2006年02月08日 15:00