健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

シーベル / 「AHAVA」の基本ライン「ソースライン」の販売開始

スキンケアライン「ソースライン」 イスラエルの死海成分を使用したコスメ「AHAVA」の日本総代理店である(株)シーベルは、5月末からスキンケアライン「ソースライン」の展開を開始した。プレステージ・セルフ化粧品として、バラエティストア、百貨店のセルフ売り場で販売する考え。これまで日本では入浴用のバスソルトを始めとするボディ向けラインを中心に販売されていたが、「AHAVA」の基本ラインである「ソースライン」が国内で販売されるのは初めて。
 「AHAVA」の化粧品の最も大きな特徴はオスモター(浸透圧)理論を採用している点。死海の水から特別な方法で精製した21種類のミネラルが配合された化粧品を肌に塗布すると、表皮上のミネラル濃度と人体の表皮細胞内のミネラル濃度の差が生じ、浸透圧を生み出す。この浸透圧が、体内から表皮へ水分と栄養分をポンプアップし、肌を体内から潤す。体内からの保湿を可能にした「AHAVA」の化粧品は、世界特許を取得している。含まれるミネラルは、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、ブロミン、カリウムなど。臨床試験も22~63歳の女性20名に実施しており、保湿能力は8時間で10%以上改善され、しわは4週間後に40%以上改善されたことが明らかになっている。
 「ソースライン」には、ノーマル&ドライスキン向け6種類、オールスキン向け6種類がある。ノーマル&ドライスキン向けには、マスク、化粧水、クレンジング、デイクリーム、ナイトクリーム、乳液のラインがある。税込み価格帯は3780~6090円。
 中でもメイン商材なのは、ノーマル&ドライスキン向けの「アハバ・ソース・ピュリファインマッドマスク・ND」(150g・5040円)。製品特徴は、(1)死海独特の海泥、海水に含まれる“活性ミネラル”が表皮を保湿、(2)“脂肪酸エステル”で肌を洗浄、(3)“ハマメリス”、“アラントイン”で紫外線のダメージを抑制、(4)“カミツレエキス”、“アロエベラ”、“アラントイン”の働きで肌の炎症、アレルギーを抑制、(5)“ホホバ油”が保湿とニキビ改善、(6)水溶性ビタミンでビタミンB5の前駆体である“パンテノール”は、肌の新陳代謝を活発にして肌にハリとツヤを付与、(6)“スギナエキス”はフラボノイド、ビタミンC、サポニンを含み、保湿、消炎効果、収れん効果を持つ。

2006年06月14日 10:00