健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

ジャパンギャルズ / 「つるぴんマスク」が好調

シートマスク「つるぴんマスク」シリーズ (株)ジャパンギャルズ(本社東京都港区、香西哲雄社長)の販売するシートマスク「つるぴんマスク」シリーズが、ランキンランキンのパック部門で3位に入るなど、好調だ。販路はバラエティストアを中心に家電量販店など。
 リニューアルしたのは、「つるぴんマスクビタミンC」と「つるぴんマスクビタミンE」の2種類。売れ行きが好調なことを受け、美容液の含有量をそれまでの2倍に当たる16mlに増やした。同社では、好調な要因として(1)成分名を前面に出したことと中身が見えるパッケージによる分かりやすさ、(2)3枚で税込価格504円というリーズナブルさ、(3)化粧水よりしっとりする、とろみを強めに出した使用感――などを挙げている。
 「つるぴんマスクビタミンC」は、“ビタミンC”の働きにより、ニキビ・シミ・ソバカスの解消、美白効果、肌内部の“コラーゲン”の生成を促す作用によるモッチリした肌作りが期待できる製品。「つるぴんマスクビタミンE」は、“ビタミンE”の働きにより潤い、ハリをもたらすアンチエイジング効果がある製品。
 両製品にはほかに共通して保湿成分として“コラーゲン”と“アロエ”を加えた。
 ユーザー層は10~20代とみられ、肌が疲れている時や明日デートがある時のスペシャルケアとして使用されているという。ユーザーからは「価格のわりにしっとりする」などの声が寄せられている。

2006年11月30日 16:55