健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

松浦漢方 / 花粉症シーズン向けの健康茶2種をリニューアル発売

花粉症シーズン向けの健康茶「おめざめ陽彩甜茶」と「おやすみ月想甜茶」 松浦漢方(株)(本社愛知県名古屋市、松浦敬一社長)はこのほど、花粉症シーズン向けの健康茶「おめざめ陽彩甜茶」と「おやすみ月想甜茶」をテトラ型ティーパックに変更しリニューアル発売した。薬局・薬店、健康食品販売店で販売する。
 「おめざめ陽彩甜茶」は紅茶に入った“カフェイン”や“ハッカの葉”の“メントール”で覚醒効果がある。ほかには抗アレルギー作用がある成分を配合した。特に“甜茶”は抗アレルギー作用と抗炎症作用によるアレルギー鼻炎の緩和に利用される。“柿の葉”は抗アレルギー作用、抗ヒスタミン(ヒスタミンが過剰に分泌されるとアレルギー疾患の原因となる)作用を持ち、“シソの葉”は抗アレルギー作用による花粉症の症状緩和の働きを持つ。“ネトル”は抗アレルギー作用によるアレルギー性鼻炎症状改善の作用を持ち、“グァバ茶”も抗アレルギー作用を持つ。“ハッカの葉”は抗アレルギー、抗炎症作用を持ち、“ラフマ茶”が免疫力を向上させる。
 「おやすみ月想甜茶」は、ノンカフェインで鎮静作用のある成分を配合、就寝前に向いたお茶となっている。ベースとなっているのは“ルイボスティー”で、抗アレルギー作用、抗炎症作用、抗ストレス作用、精神安定作用など様々な働きを持ち、喘息や花粉症、アレルギー性疾患に良いとされる。“甜茶”は上記と同様。抗アレルギー、抗ヒスタミン作用のある成分として“ローズペタル”、抗炎症、鼻や喉の粘膜を整え感染に対する抵抗力を強化する“エルダーフラワー”、抗炎症・抗ヒスタミン作用によりアレルギー症状を緩和し、さらに鎮静・睡眠作用を持ち精神の緊張やそれによる不眠などに利用される“カモミール”を配合。そのほか、鎮静・安眠作用がある“リンデン”、緊張緩和・鎮静作用がある“レモンバーム”、鎮静効果がある“レモングラス”、抗ストレス作用を持つ精神安定に利用される“エゾコウギ”を含有している。
 税込み価格は1.5g×15包入りで630円。販売目標は年間10000個。

2007年01月23日 15:40