健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

丸大コーポレーション / 低GI値の甘味料をドラッグストアなどで発売

「ブルーアガベ オーガニックシロップ」 (株)丸大コーポレーション(本社東京都港区、内海輝雄社長)は4月、ボトルタイプとポーションタイプの「ブルーアガベ オーガニックシロップ」を発売する。販路は、ドラッグストア、バラエティストア、自然食品店。半年以内に1000店舗の導入、1年で2000店舗の導入を目指す。
 同製品は、リュウゼツラン科の植物「ブルーアガベ」に含まれる水溶性食物繊維“イヌリン”の働きにより血糖値の急激な上昇を抑え、低GI値25を実現した100%天然甘味料。この値は砂糖の約1/4に相当する。血糖値が急激に上がると“インシュリン”が急激に放出され、糖を脂肪に変えてしまって肥満の原因となることから、低GI値の食品を取る食事法は「低インシュリンダイエット」と呼ばれている。同製品はダイエット中に甘いものを食べたい人をサポートするものであり、糖尿病の人にも適した製品だといえる。アメリカ糖尿病協会承認商品。また“イヌリン”により腸内環境を整え、デトックス効果も期待できる。
 味はクセが全くない自然な甘さ。ヨーグルトやパンにかけたり、飲み物に入れたり、煮物などの料理に利用したり、お菓子つくりの際に砂糖替わりに使ったり、さまざまな用途がある。有機JAS認証、米国・EUでのオーガニック認証取得。
 税込み価格はボトルタイプ(275g)・1890円、ポーションタイプ(13g×6個入り)・787円。

2007年03月23日 16:50